Wednesday, March 14, 2007

吸気流速を測定する器具

MRさんに教えて頂いたのだが、「インチェック」というものがあるらしい。吸入薬の吸入効果を調べるのに役立ちそう。文献は、こちら。
van der Palen J. Peak inspiratory flow through diskus and turbuhaler, measured by means of a peak inspiratory flow meter (In-Check DIAL). Respir Med. 2003 Mar;97(3):285-9.
CiteULikeにでも登録しておけばいいのだが、今日はPubMedのサーバの機嫌が悪いようなので、ここにメモ。

Monday, March 12, 2007

医師にお勧めのブラウザ"Mozilla Firefox"

internalmedicine先生の「まず櫂よりはじめよ・・・総理」の投稿を拝読して、
足下の厚労省は、RSSだのフィードだの、全く整備されていない。
という指摘があった。そこで、ちょっとしたHackをご紹介しておきます。MyRSSというサイトの新着情報のRSSフィードを作ってくれるサービスがあります。ここを利用して作成した厚生労働省新着情報RSSフィードを晒しておきます。また、ブラウザに"Mozilla Firefox"を使用していれば、検索バーから直接PubMedを検索するプラグインを入手できるし、手前味噌になるが、薬品名から添付文書を検索するプラグインもある。
 セキュリティや医療倫理の正義原則を地で行っているという点で、オープンソースソフトを応援する薮医者の独り言でした。

Saturday, March 3, 2007

Salsa 3.0

小説「ドン・キホーテ」に出てくる諺に次のものがある。
La mejor salsa del mundo es la hambre.
世界最高のサルサは、空腹である。

この中でのサルサは、スペイン、中南米で使われる種々の素材をミックスして作る調味料の意味である。音楽のサルサも、スペインとアフリカの文化がミックスして出来たものである。最近、スペインの会社"FON"が起こす、世界中でWiFiに無料でアクセスできるようにしようという運動(MOVIMIENTO)とか南アフリカの会社"Canonical社"が提供するLinuxディストリビューション"Ubuntu"などのようにチープ革命はソフトに留まらずシステムにも波及してきている。しかも、パソコンやネットのメッカ、合衆国以外の国からこのような動きが出てきていることは、Web2.0に擬えて、Salsa3.0と呼んでもいいのかもしれない。脱中心化、多文化の融合、庶民化がキーワードである。アップルが1984のCMで訴えたことが、20数年の時をかけて実現しつつあるのかもしれない。BBに内緒でサルサを習うことも出来ますね。