Monday, May 30, 2011

Por una cabeza

近所の本屋に出掛けたら繰り返しかかっていたのが、この曲。『セント・オブ・ウーマン』、『トゥルー・ライズ』、『シンドラーのリスト』などの映画や浅田真央選手のエキジビションで使用されている。ガルデル、レ・ペラのコンビの作品。モーツァルトK.373の盗作という説もあるサビの部分の歌詞を訳してみた。

Por una cabeza,
todas las locuras.
Su boca que besa,
borra la tristeza,
calma la amargura.
Por una cabeza,
si ella me olvida
qué importa perderme
mil veces la vida,
para qué vivir.
ひとつ首の差で
すべての熱狂。
口付けが
悲しみを消し、
苦しみをなだめる。
ひとつ首の差で
彼女が私を忘れるならば
負けたって構わない。
千回生きたって
何の意味がある?

Sunday, May 29, 2011

Cada vez que me recuerdes


日本人の若手タンゴ歌手では、Sayacaさんがいる。残念ながらYouTubeに動画を見つけることは出来なかったが、AmazonMP3で楽曲を購入することができる。その歌声には、フラメンコでいうドウェンデが宿っている。日本でももっと有名になって欲しい歌手である。彼女のアルバムのタイトルにもなっているのが、この曲"Cada vez que me recuerdes"である。
Cada vez que me recuerdes
la noche amiga me lo dirá
y donde el cielo y el mar se pierden
¡cuántas estrellas me alumbrarán!
あなたが私を思い出してくれる度に
夜が優しく私にそのことを告げるでしょう
空と海が見えなくなるところで
満点の星が私に輝きを与えてくれる
4行目の文頭は、文字の"i"ではない。感嘆符のひっくり返したものである。スペイン語は、疑問符や感嘆符をひっくり返して文頭につけるのが特徴。だから、スペイン語の知識がなくても外国語の新聞を斜め読みして、「これ、スペイン語だね。」とかしたり顔をすることができる。欧米語は主語と動詞を倒置して疑問文にすることが多いが、スペイン語の場合主語の人称に応じて動詞が6通りに変化するので、往々にして主語が省略される。そんなことから平叙文と疑問文を文頭ではっきりさせるために、こんなふうになったのでしょう。

Saturday, May 28, 2011

El día que me quieras


今日のタンゴは、"El día que me quieras"、邦題は「想いの届く日」、タンゴを超えていろんなジャンルの歌手に歌われているラテン・ナンバーとなっている。私は、Julio Iglesias(若い人には、"Bailamos"とか"Hero"で有名なEnrique Iglesiasのお父さんと言ったほうが通じるのかも…)が歌っているので、この曲を知った。作詞レ・ペラ、作曲ガルデルのゴールデンコンビによる作品。この曲を作った1935年に二人とも飛行機事故で天に召されている。そのあたりの背筋が寒くなる様な逸話は、右掲書に詳しい。
El día que me quieras
la rosas que engalana
se vestirá de fiesta
con su mejor color.
Al viento las campanas
dirán que ya eres mía
y locas las fontanas
me contarán tu amor.
あなたが私を愛する日、
バラの花は最も美しい色で
着飾ることだろう。
鐘は風に向かい、
あなたが私のものだと告げるだろう。
そして泉は、あなたの愛を語り出す。
北海道出身で世界を舞台に活躍する冴木杏奈さんもこの曲を歌っている。


Friday, May 27, 2011

La cumparsita

日本のタンゴ歌手と言えば、もう一人、菅原洋一さんがいる。そして、NHK紅白歌合戦で2回歌っているのが、この曲「ラ・クンパルシータ」。ウルグアイの第二の国歌とされ、世界中でこの曲の演奏が途切れることはないとまで言われるタンゴの代名詞。
Al cotorro abandonado
ya ni el sol de la mañana
asoma por la ventana
como cuando estabas vos,
y aquel perrito compañero,
que por tu ausencia no comía,
al verme solo el otro día
también me dejó...
見捨てられた寝ぐらには
朝日さえ窓から差さない
君がいたときのようには。
そしてあの連れの犬ころだって
君がいないと餌に手をつけず
翌日私がひとりということを悟ると
私のもとを去って行った。
"vos"は、ラテンアメリカで"tú"の代わりに使われる二人称単数の親称。この現象を"voseo"と呼ぶ。 現在形は地域によってことなるが、アルゼンチンでは語尾にアクセントがあることに注意が必要。ひょっとしたら、イタリア移民の多いアルゼンチンでは、イタリア語の二人称複数の"voi"の人称変化に引っ張られ、アクセントが移動したのかもしれない。

Thursday, May 26, 2011

Adiós pampa mía

ブエノスアイレス郊外からラプラタ川沿いに広がるパンパ、そしてそこに暮らすガウチョたち。それもまたアルゼンチンの一断面である。
Al dejarte, pampa mía,
ojos y alma se me llenan
con el verde de tus pastos
y el temblor de las estrellas.....
お前のもとを去るとき、我が草原よ、
私の目と魂はお前の牧草の緑と
星たちの瞬きで満ちている…
日本では、藤沢嵐子さんがこの曲をNHK紅白歌合戦で2回歌っている。

Wednesday, May 25, 2011

La canción de Buenos Aires


アルゼンチン・タンゴの歌詞の抜粋を対訳していく。今日は、"La canción de Buenos Aires"から。
Este es el tango, canción de Buenos Aires,
nacido en el suburbio, que hoy reina en todo el mundo;
este es el tango que llevo muy profundo,
clavado en lo más hondo del criollo corazón.
それがタンゴ、ブエノスアイレスの歌、
場末で生まれ、今は世界で幅を利かせ、
クリオージョの心の一番奥に刻み込まれている。
1810年の今日、アルゼンチンでは五月革命によりスペイン本国出身者であるペニンスラール(peninsular)から地元生まれであるクリオージョ(criollo)たちが自治権を回復した。その後、1816年7月9日に独立宣言をしている。ブエノスアイレスの大統領府カサ・ロサーダと国会議事堂を東西に結ぶ「五月通り」、その中央を南北に横切り、幅140mもある「7月9日通り」にそれぞれ名を残す。独立を果たした後、アルゼンチンは"Buenos Aires"(順風)という首都の名前を裏切って、順風満帆とは言えない道を歩む。それは、Wikipediaの「アルゼンチンの歴史」に詳しいが、そんな歴史がなければ、タンゴの誕生もなかったであろう。使われる語彙もイタリアを中心とする移民の影響を受け、リオプラテンセ・スペイン語や俗語のルンファルドなど標準スペイン語(カスティリャーノ)とは異なる言い回しが少なくない。そんなことにもおいおい触れていくつもり。

ところで、なぜ唐突にタンゴか?ーそれは、個人的に敬愛する3人のアルゼンチン人、アストル・ピアソラ、チェ・ゲバラ、マヌエル・プイグ、彼らの演歌であるからとだけ、ここでは言っておく。