Friday, September 30, 2011

退屈と煽動の間

「最も力のあるゲイ」と評され、AppleのCEOに就任したTim Cook氏。彼が就任前に行った母校での卒業式での講演の和訳が最新号のクーリエに載っていた。原文はこちら。感想を2点ほど。1つ、ゲイであるということから、少し変わったキャラクターを期待していたが、普通であること。この感じ方は、ゲイに対して偏見を持っていないつもりの私自身の無意識での偏見を暴いてくれた。もう1つ、ジョブズの後継であるということから、自意識の強いスピーチを予想していたが、特に、冒頭や締めくくりなど、控えめで、まるで日本人的なスピーチなのだ。何かで、典型的なWASPというのは、実は、自己をチームに埋没させ、自己主張を控える日本人と似た心性を有しているというようなことを読んだことがあるが、彼もそういう出自なのだろうか?日本人に違和感のないスピーチをするためのテンプレートとしては有用だが、世界を動かすほどの力はない。

世界を動かした演説については、右本が参考になる。よくありがちな名演説集とは一線を画し、ビンラディンとかアジェンデとかの演説も収められており、マスコミによって編集されていない世界を考えるのに役立つ一冊。原著のサイトには、音声や動画へのリンクもあります。


Wednesday, September 28, 2011

NEJM Audio Summary - Sep 22, 2011

TIME TABLE
00:53 | Efficacy of a Tyrosine Kinase Inhibitor in Idiopathic Pulmonary Fibrosis
02:41 | Resolving the Scar of Pulmonary Fibrosis
03:16 | Lebrikizumab Treatment in Adults with Asthma
04:37 | Asthma Phenotypes and Interleukin-13 — Moving Closer to Personalized Medicine
05:18 | Long Interdialytic Interval and Mortality among Patients Receiving Hemodialysis
06:47 | Rotavirus Vaccine and Health Care Utilization for Diarrhea in U.S. Children
08:28 | Current Concepts: Hepatocellular Carcinoma
10:13 | Case 29-2011 — A 66-Year-Old Woman with Cardiac and Renal Failure
11:26 | Reforming the Regulations Governing Research with Human Subjects
12:55 | Eliciting Mucosal Immunity
14:32 | Confronting Alzheimer's Disease
16:15 | The Threat of Artemisinin-Resistant Malaria
18:02 | Health Care Policy in an Age of Austerity
19:18 | Porphyria Cutanea Tarda
20:18 | Renal Tuberculosis
NEJM BLOGGERS
EXCERPTED SCRIPT
"The Threat of Artemisinin-Resistant Malaria", a PERSPECTIVE article by Arjen Dondorp, from Mahidol University, Bangkok, Thailand
Since the 1970's when Chinese researchers demonstrated the artemisinins antimalarial potency, artesiminin based combination therapy has become key to malaria control. But reduced susceptibility of Plasmodium falciparum to artemisinin derivatives has been documented in the Cambodia–Thailand border region.  Although most P. falciparum infections still eventually clear after treatment with artemisinin-based combination therapies, resistant parasites take 3 or 4 days to do so, as compared with less than 2 days for artemisinin-sensitive parasites. This delayed clearance could be a step toward high-level resistance and frank treatment failure. Since the artemisinins have very short half-lives, this loss of potency also renders the more slowly eliminated drugs that are part of combination therapies vulnerable to development of resistance. The gravity of this threat has been recognized, and an ambitious program to contain artemisinin resistance has been launched under the guidance of the World Health Organization. Still, several critically important questions about artemisinin resistance and containment merit urgent attention. The artemisinins have been crucial to recent successes in reducing the malaria burden, and artemisinin-based combination therapies are essential to all plans for malaria elimination. Losing artemisinins to resistance will not only jeopardize the goal of malaria eradication, but will also result in large increases in African childhood mortality.
今年はLasker-DeBakey臨床医学研究賞を上記中国研究者の筆頭である屠呦呦(Tu Youyou)女史が受賞されたのですね。

Tuesday, September 27, 2011

Lehrの公式

少数の女性の知り合い身長が最大170cm、最小150cmで、S女性とM女性で平均身長に5cmくらい差がありそうだったとする。右掲本によると、標準偏差の概算は、「データが多いときはデータ範囲の1/6、少ないときは1/4」ということなので、「1/4」を採用して、女性の身長の標準偏差を5.0と見積もる。実際のところ、S女性とM女性に身長差があると言えるのか検討したい。同数のサンプルを集めることとして、検出力80%、両側検定で有意水準95%とした場合、何名ずつ必要か?って時に役立つのが、"Lehrの公式"。
サンプルサイズ=16×(予想される差/標準偏差) 
=16×(5/5) 
=16
Rでサンプルサイズを算出してみる。
> power.t.test(power=0.8, delta=5, sd=5, sig.level = 0.05)
     Two-sample t test power calculation 
              n = 16.71477
          delta = 5
             sd = 5
      sig.level = 0.05
          power = 0.8
    alternative = two.sided
 NOTE: n is number in *each* group 
と、結構、精度は良いことが分かる。

おまけで、S女性の実際の平均身長が162cm、標準偏差が5.13、M女性の実際の平均身長が156cm、標準偏差が5.07だとして、Rで正規分布に従うサンプルを17個ランダムに生成して、箱髭図を描き、t検定と一般線形モデルを使用した解析を行うスクリプト。
s <- round(rnorm(17, 162, 5.13), digits = 0)
m <-round(rnorm(17, 156, 5.07), digits = 0)
boxplot(s, m)
t.test(s, m)
summary(glm(s~m))
データさえ読み込んでいれば、作図から解析までたった3行で実行してしまうRのパワーに改めて感動。

Wednesday, September 21, 2011

NEJM Audio Summary - Sep 15, 2011

TIME TABLE
00:43 | Apixaban versus Warfarin in Patients with Atrial Fibrillation
02:26 | A New Era for Anticoagulation in Atrial Fibrillation
03:24 | Stenting versus Aggressive Medical Therapy for Intracranial Arterial Stenosis
05:20 | The Challenges of Intracranial Revascularization for Stroke Prevention
06:25 | A Field Trial to Assess a Blood-Stage Malaria Vaccine
07:50 | Response-Guided Telaprevir Combination Treatment for Hepatitis C Virus Infection
09:42 | Breast-Cancer Screening
11:35 | Genomic Medicine: Genomics, Health Care, and Society
13:24 | Case 28-2011 — A 74-Year-Old Man with Pemphigus Vulgaris and Lung Nodules
15:03 | Moving beyond Parity — Mental Health and Addiction Care under the ACA
16:53 | Medical Devices — Balancing Regulation and Innovation
18:48 | Medical Devices and Health — Creating a New Regulatory Framework for Moderate-Risk Devices
20:35 | Splenic Calcification
21:14 | Gout Nodulosis
NEJM BLOGGERS
呼吸器内科医「AMA1組換え蛋白マラリアワクチンの有用性について
ABRIDGED SCRIPT
"Breast-cancer screening",
a Clinical Practice article by Ellen Warner from University of Toronto, Canada.
Mortality from breast cancer in industrialized countries has been decreasing at the rate of approximately 2.2% per year. In the United States, this decline has been attributed both to advances in adjuvant therapy and to increasing use of screening mammography. Nevertheless, the 2009 recommendations of the U.S. Preventive Services Task Force support a reduction in the use of screening mammography. This revision resulted in considerable confusion and controversy. The two most disputed changes were the reclassification of screening for women between the ages of 40 and 49 years from a B recommendation (based on moderately strong evidence) to a C recommendation (“the decision should be an individual one and take into account patient context, including the patient's values regarding specific benefits and harms”), and the recommendation that the frequency of screening be reduced from every 1 to 2 years to every 2 years. This article focuses on the updated evidence and recommendations for screening women who are at average risk for breast cancer. The most important benefits of screening are a reduction in the risk of death and the number of life-years gained. Costs include the financial costs and other costs of the screening regimen itself (radiation risk, pain, inconvenience, and anxiety), the ensuing diagnostic workup in the case of false positive results, and overdiagnosis. The ratio of benefit to cost varies significantly with the patient's age. An audio version of this article is available at NEJM.org.
COMMONLY MISPRONOUNCED WORDS
gout [ɡaʊt]
malaria[məˈleriə]

Monday, September 19, 2011

RGoogleTrendsパッケージ


RGoogleTrendsパッケージを使うと、GoogleTrendsから直にデータをRに取り込むことが出来て便利。
## パッケージのインストールとロード
install.packages("RGoogleTrends", repos = "http://www.omegahat.org/R", type = "source")
library(RGoogleTrends)
install.packages("ggplot2")
library(ggplot2)
## データの取得
trends <- getGTrends("インフルエンザ")
data <- trends$Week[, 1:2]
## 日付の変換
localetime <- Sys.getlocale("LC_TIME")
Sys.setlocale("LC_TIME", "C")
data[,1] <- as.Date(as.character(data[,1]), "%b %d %Y")
Sys.setlocale("LC_TIME", localetime)
## グラフの描画
qplot(data[,1], data[,2], data, geom = "line") + geom_line() + geom_smooth()

今更ながらなのだが、クリニックで仕事をしていると、大規模なスタディをすることはないので生存分析などの統計手法は不要。むしろ、"Search Volume Index"のような時系列データの取扱いとその可視化が必要になる場面が多い。患者数とか、サーベイランスとか、QIとか。そうすると、今後は、"xts" や "ggplot2" のようなパッケージについて深めていかなければなるまい。ネットでドキュメントを熟読すればいいのだが、日本R会の錚々たる顔ぶれが揃い踏みの上記手引書が出版されている。帯にある通り、Rjpwikiの管理人である岡田昌史氏がEpiパッケージ/twitteRパッケージ/Rpadパッケージを、Tsukuba.Rを主催する横山貴央氏がDBIパッケージ/RMySQLパッケージを、mickey24氏がsnowパッケージを、Tokyo.Rを主催する里洋平氏がRfinanceYJパッケージ/XMLパッケージ/RCurlパッケージを、Osaka.Rを主催する林真広氏がmemiscパッケージ/foreignパッケージ/psychパッケージ/semパッケージを、Shiga.Rを主催する樋口千洋氏がplyrパッケージ/caretパッケージ/e1071パッケージ/randomForestパッケージ/ggplot2パッケージを 、Okinawa.Rを主催する牧山文彦氏がstatconnDCOMパッケージ/rcomパッケージを解説してくれている。まだまだ他の著者がxtsパッケージや生存分析を行うsurvivalパッケージを含む他の多くのパッケージについて語ってくれていて、その上、Rを使いこなしていなければ気づかないTipsがコラムとして挟まれている。少々値がはるが、Rを素のまま使うという方以外には、必須の1冊である。

Wednesday, September 14, 2011

NEJM Audio Summary - Sep 8, 2011

TIME TABLE
00:55 | Rivaroxaban versus Warfarin in Nonvalvular Atrial Fibrillation
02:38 | New Options in Anticoagulation for Atrial Fibrillation
03:33 | Genetic Basis for In Vivo Daptomycin Resistance in Enterococci
04:33 | What Has Kept the Antibiotic Miracle Alive?
05:33 | General and Abdominal Obesity and Risk of Death among Black Women
07:25 | Health Care Spending and Quality in Year 1 of the Alternative Quality Contract
09:11 | Current Concepts: Drug-Resistant Epilepsy
10:59 | Mechanisms of Disease: Mendelian Disorders of Membrane Trafficking
12:41 | Case 27-2011 — A 17-Year-Old Boy with Abdominal Pain and Weight Loss
14:17 | Illuminating Immune Privilege — A Role for Regulatory T Cells in Preventing Rejection
15:55 | HIV Vaccine Development — Improving on Natural Immunity
17:44 | Global Noncommunicable Diseases — Lessons from the HIV–AIDS Experience
19:31 | Drunk Driving, Distracted Driving, Moralism, and Public Health
21:19 | Ortner's Syndrome
22:23 | Chemotherapy-Induced Hyperpigmentation of the Tongue
ABRIDGED SCRIPT
"A 17-Year-Old Boy with Abdominal Pain and Weight Loss"
A CASE RECORD OF THE MASSACHUSETTS GENERAL HOSPITAL by Harland Winter and colleagues
A 17-year-old boy was admitted to the hospital because of abdominal pain, constipation and weight loss. 6 weeks earlier, intermittent crampy abdominal pain developed. Approximately 3 weeks later, nonbloody diarrhea developed and lasted for a week, associated with one episode of emesis. Thereafter, abdominal pain occurred daily. It became localized in the right lower quadrant, intermittently radiated to the right flank, and became associated with constipation. He reported night sweats with chills but no fever. The patient had visited relatives in Haiti approximately 4 years earlier for 1 week. Skin tests for tuberculosis were reportedly negative before and after that trip. On admission to this hospital, the patient was febrile and his stool was guaiac-negative. Gastrointestinal radiographs showed the narrowing of the cecum. CT scans showed peritoneal implant and mediastinal mass. The peritoneal implants  raised the possibility of a malignant tumor, although the patient did not appear to be ill. PPD test was now positive; HIV test was negative, and bronchoscopy yielded negative results. In a patient with a mediastinal mass and peritoneal implants, cancer and infection are primary considerations.
COMMONLY MISPRONOUCED WORDS
  • Haiti [ˈheɪti]、形容詞はHatian[ˈheɪʃn]

Monday, September 12, 2011

インフルエンザとR、そしてコミュニティ

前回、GoogleTrendsの話題だったが、実は、同様のサービスでもっと強力な"Google Insights for Search"というのがある。これでは、例えば、下記のように5地域までの比較ということが出来たりする。データをCSVでダウンロードできるので、やはりRなどにとり込んで解析したり新たなグラフを作ったりということも可能だ。

上記都道府県を選んだのは、私の居住地が北海道で、航空機旅客数の多い都府県がセンティネル・エリアになっていないか見たかったからだ。Wikipediaの「新千歳空港」の記載によると、新千歳空港発着路線別旅客数は多い順に、東京国際空港 約946万人、中部国際空港 約119万人、関西国際空港 約107万人、仙台空港 約70万人だそうだ。長いスパンで見ると、ほぼ同時に検索の増加は始まっているようだ。そこで、スパンを短くしてみたが、



マスコミの影響なのか、検索頻度では明らかなコミュニティによる流行のタイム・ラグは検出できないようですね。

コミュニティに絡めて、国内外のRのコミュニティをまとめておきます。

Sunday, September 11, 2011

L'Onze de Setembre ― それぞれの911

アメリカCIAが関与したと言われるチリのクーデターも"911"なのは有名な話だ。時を遡ると、1714年にスペイン継承戦争で戦われたバルセロナ包囲戦で陥落し、カタロニアという国が消滅したのも、911である。今でもなおカタロニア州の自治憲章には、その8条3項では"La festa de Catalunya és la Diada de l'Onze de Setembre".(カタロニアの祭日は9月11日の記念日である)と謳われている。さらには、独自の国旗や国歌まで有し、スペイン憲法でもカタロニア語はスペインの公用語として認められている。例えば、バルセロナのこんな写真を見れば、全くカスティリアの人達とは違うってのは一目瞭然だ。





EU政府の力が強くなり、相対的に各国家の力が低下したときに独立を言い出すのでは?という話もある。それまでは、理性的なカタロニア人達はテロという手段には訴えず、バルサ対レアルという代理戦争で憂さを晴らすのだ。不幸な戦争がなく、今なお朝鮮半島が日本の領土で、東京とソウルのチームが試合することを想像してみたらいい、ワールドカップさえそっちのけで死闘を繰り広げる訳もわかろうというもの。

李啓充先生のコラム「逆縞のカタルーニャ旗」を読んで、私の故郷と同緯度の街についてなにか書きたくなった次第。

Friday, September 9, 2011

【本】NHK ラジオまいにちドイツ語 2011年 05月号

今年4月号から9月号までのラジオドイツ語講座テキストを読むのが、ささやかな楽しみの1つであった。今年が、江戸幕府とプロシアが日普修好通商航海条約を締結して150周年ということで、応用編のテキストが日独交流史のドイツ語文献だったのだ。読むのは、対訳の方なのだが、ケンペルが江戸城で綱吉に謁見した時に歌った歌から始まり、シュミット元首相の2010年10月20日にベルリン日独センター設立25周年祝賀会での基調講演まで、決して平坦ではなかった二国間関係を読むことで、歴史の深みと自らの視点の偏りを知ることが出来た。(シュミット元首相は祝賀会の晩に奥様を亡くしたそうです。)

北海道民として興味を引かれたのが、5月号13日(金)放送分の「北海道はドイツの理想的な植民地!?」というタイトルでマックス・フォン・ブラントの回想録「ドイツ公使の見た明治維新」[amazonへリンク]からの一節が紹介されている回。彼は、1865年、1867年と蝦夷を旅し、まだ開拓の緒についていない蝦夷がヨーロッパの気候に似ていることから農民の植民を考えていたらしいのだ。今の視点から見ると、噴飯物だが、1873年に設立されたドイツ東洋文化協会(OAG)の初代会長を務めていることからからも想像できるように、英国のインドやフランスのハイチの支配とは異なって、統一に遅れ、海外植民地の獲得に遅れたドイツとしては、ちょうどいい権力の空白地帯にいい物件を見つけたくらいの感覚であったのだろう。ただ、江戸幕府が諸藩に分割し統治させたこと、明治維新がなって北海道開拓が始まったこと、南北戦争、クリミア戦争、そんな歴史の偶然のなかで、北海道は日本となったのである。そのしばらく後に、カール・レイモンさんが函館へ来たのも、そしてレイモンさんが考えた汎ヨーロッパ主義運動の旗に近いデザインの旗がEU旗となったのも、歴史の因縁と言いましょうか…そして、現在もなお東北大震災による原発の事故を受け、ドイツ政府が脱原発を決定したり、女子サッカーワールドカップで日本がドイツを破ったり、歴史は続いていくのですね。

ぜひ、他の語学でもこのような面白いテキストを使ってくれることをNHKさんには期待したいところです。

Wednesday, September 7, 2011

NEJM Audio Summary - Sep 1, 2011

TIME TABLE
00:51 | Early versus Later Rhythm Analysis in Patients with Out-of-Hospital Cardiac Arrest
02:30 | A Trial of an Impedance Threshold Device in Out-of-Hospital Cardiac Arrest
03:48 | Cardiac Arrest and the Limitations of Clinical Trials
04:54 | A Functional Element Necessary for Fetal Hemoglobin Silencing
05:55 | Progress in Understanding the Hemoglobin Switch
06:22 | Cord Colitis Syndrome in Cord-Blood Stem-Cell Transplantation
08:00 | Electronic Health Records and Quality of Diabetes Care
09:27 | Finding the Meaning in Meaningful Use
10:35 | Care of the Adult Patient after Sexual Assault
12:15 | A Problem in Gestation
14:00 | Opportunities and Challenges for Episode-Based Payment
15:41 | Global Health: Health Technologies and Innovation in the Global Health Arena
17:24 | The Art of Doing Nothing
19:21 | Scleroderma
20:13 | Lung Herniation after Minimally Invasive Cardiothoracic Surgery

"The Art of Doing Nothing"
A perspective article by Lisa Rosenbaum, a cardiology fellow at New York–Presbyterian/Weill Cornell Medical Center, New York.
Near the end of medical school, Dr Rosenbaum injured her knee running a marathon.  What began as classic “runner's knee” during training worsened when she ran the race anyway. A month later, she still couldn't run comfortably.Then one day, she felt an odd, round mass protruding from the most tender area. Was it a tear? An infection? A tumor? The only logical solution seemed to be an MRI and a referral to an orthopedist. Her primary care physician, Dr. B eyed her lump.  “It's just a simple tendon cyst, a ganglion,” he told her. “You don't need an MRI; you just need to rest.” When she faced Dr. B. again, she informed him of the expert opinion of her distant cousin, an orthopedist. “He says I need an MRI,” she said “I might have a torn meniscus or something.”
Three weeks later, she got an MRI. Dr. B. called with the results. “You have something called `lateral compression syndrome'.” She pushed her knee to the point where, on imaging, it looked like someone had repeatedly whacked her with a club. Dr. B. said he suspected the orthopedist would recommend surgery.“But Dr. B.,” Dr Rosenbaum said, “don't you think I just need to rest?” Of course, in the end Dr. B. had been right all along; proper rest was all she ever needed.
Dr Rosenbaum writes: What a culture values may be constantly in flux, but it is still up to us to determine. We may choose to value an MRI more than the wisdom and experience of our physicians, but this does not mean that an MRI is inherently more beneficial to our health.
Podcastでは触れられてませんが、この記事の執筆者Lisa Rosenbaum先生は、日本でも公開されたウィリアム・ハート主演の映画「ドクター」のネタ本の著者のお孫さんだそうです。本誌の記事では、お爺ちゃんの思い出とともに綴られています。

Monday, September 5, 2011

Google Trends"インフルエンザ"をプロット

時代は、様々な分野でのオープン化へ向かっている。R言語然り、ジャーナル然り。医学分野でのオープンジャーナルの筆頭、PLoS Medicineに、以前"Surveillance Sans Frontières: Internet-Based Emerging Infectious Disease Intelligence and the HealthMap Project"という論文が掲載された。Googleの検索件数などのオープンデータを元に感染症の流行を捉えることのできる可能性を指摘し、"HealthMap"を紹介している。しかし、実地医家としては、日常業務に影響を与える感染症は、インフルエンザとノロウイルスぐらいである。実際、Google自身がインフルエンザにターゲットを絞り、似たような論文を発表し、公的機関の流行宣言に先立って検索件数が上昇することを指摘している。そして、ローンチしたのが、「インフルトレンド」だが、地域別の情報は入手できない。そこで、詳細地域を設定出来るGoogle トレンドで、「インフルエンザ、ノロウイルス」を検索、そのデータをCSVファイルにエクスポートしたものをダウンロードし、Rの使い方に慣れていきたい。
ただ、純粋にインフルエンザの流行状況のみを知りたいという場合には、Googleに先駆け、プロジェクトを開始させた小児科医西藤なるを先生による「MLインフルエンザ流行前線情報DB」が有用である。

手順
  1. Google トレンド」へ行く。
  2. 検索欄に「インフルエンザ、ノロウイルス」と入力し、「トレンドを検索」ボタンを押す。
  3. 「すべての詳細地域」のプルダウンメニューから任意の地域を選択。
  4. 「すべての期間」のプルダウンメニューから任意の期間を選択。
  5. 一番下にある「このページを CSV ファイルにエクスポート」の文頭の「+」をクリック。
  6. 「固定尺度の CSV ファイル」をクリックすると、データがダウンロードされる。
  7. データを任意のエディタで開き、最初にある全体のデータ、都市別データ、言語別データを削除。
  8. データの取扱いを楽にするためラベルを変更して、保存。「週, インフルエンザ, インフルエンザ (標準誤差), ノロウイルス, ノロウイルス (標準誤差)」→"week, flu, flu.se, noro, noro.se"
  9. RとRStudioがインストールしてあるとして、RStudioを起動。
  10. "Workspace"ウィンドウの"Import Dataset"から"From Text File..."を選択。
  11. 先ほど保存した"trends.csv"を選択し、Open
  12. 自動的に、Name、Heading、Separator、Decimal、Quoteを認識し、Data Frameのプレビューを表示してくれるので、確認してImport
  13. Consoleでの作業:weekを日付型に変換し、折れ線グラフを描く。
trends$week <- as.Date(trends$week)
plot(trends$week, trends$flu, type = "l")

もう少し見栄えをよくしたり、データの解析をしたりは、おいおいと。

Saturday, September 3, 2011

NEJM Audio Summary - Feb 12, 2009

Time Table
00:00 | Welcome to the NEJM audio summary, for the week of February 12th 2009, I’m Dr Michael Bierer. This week's issue features articles on B-cell clones as early markers for CLL, effect of dronedarone on cardiovascular events in atrial fibrillation, endocrine therapy plus zolendronic acid in premenopausal breast cancer, long-term control of HIV by allogenic CCR5 Delta32/Delta32 stem-cell transplantation, financial incentives for smoking cessation and stress and inflammatory bowel disease, a case report of a woman with a rash and numbness and pain in the legs and perspective articles on reforming Medicare's physician payment system and on the independent physician.
00:52 | B-cell clones as early markers for chronic lymphocytic leukemia by Ola Landgren from the National Institutes of Health, Bethesda, Maryland. (...)
03:04 | Effect of dronedarone on cardiovascular events in atrial fibrillation by Stefan Hohnloser from the J.W. Goethe University, Frankfurt, Germany.  (...)
04:20 | Endocrine therapy plus zolendronic acid in premenopausal breast cancer by Michael Gnant from the Medical University of Vienna, Austria.  (...)
05:38 | Long term control of HIV by CCR5 delta32/delta32 stem cell transplantation by Gero Hutter from the Charite Campus Benjamin Franklin, Berlin, Germany.  (...)
07:32 | A randomized controlled trial of financial incentives for smoking cessation by Kevin Volpp from the University of Pennsylvania, School of Medicine, Philadelphia.  (...)
08:46 | A 47-year-old woman with a rash and numbness and pain in the legs, a case record of the Massachusetts General Hospital by Daniela Kroshinsky and colleagues.  (...)
10:23 | Inflammatory bowel disease, stress and the endoplasmic reticulum, a clinical implications of basic research article by Hans Clevers from the Hubrecht Institute, Utrecht, the Netherlands.  (...)
11:20 | Reforming Medicare's physician payment system, a prospective article by Gail Wilensky from Project HOPE, Bethesda, Maryland.  (...)
13:11 | The independent physician-going, going... a perspective article by Stephen Isaacs from Isaacs/Jellinek, a San Francisco-based firm that advises health foundations.  (...)
14:54 | This week's images in clinical medicine features a 13 year-old boy who had recently begun playing the tuba who presented with a 2-day-history of facial swelling on the left side and pain.  (...)
15:31 | This week’s images in clinical medicine also features a 51-year-old woman who presented with a 3-month history of fatigue and a 2-month history of a nonproductive cough and night sweats.  (...) Please, visit NEJM.org to view the video from this case.
16:25 | This concludes the summary of the February 12th issue of the NEJM. We are interested in your feedback about our audio summaries. Any comments or suggestions may be sent to audio@NEJM.org. Thank you for listening.
上記スクリプトの総語数は、2,198 wordsで、時間が16'39"なので、スピードは132wpm。ちなみに、非ネイティブ向けの放送であるVOAのSpecial Englishが100wpm、NHK Radio Japanなどのネイティブ向けニュースが150wpmだそうなので、NEJMのpodcastは、その中間くらいの速さということになりますね。遅めの速度でも日本語に訳して考え始めると、あっという間についていけなくなるので、普段から英英辞典を使い、日本語を排除する習慣が大切です。ヒアリングも考慮すると、Oxford Advanced Learner's Dictionaryは米音と英音が比較して聞けるのでお薦め。例えば、Healing_Kさんのブログ「The Shape of * and Other Stuff」にブックマークレットがあるので、ブラウザのツールバーに入れておくと便利です。

Friday, September 2, 2011

【本】易経入門―孔子がギリシア悲劇を読んだら


孔子が易経を解説する十翼の言に従い、ソポクレスの現存する7つの悲劇を読み解くという大胆な試みの本。最初は、ノストラダムスの予言詩を史実に寄せて解読しているような印象を受けたが、読み進むに従い、形而下で起こる悲劇が人間の受難と対峙するときの形而上的なものに転換していることに気づかされるのである。そう言えば、「形而上者謂之道、形而下者謂之器。」も易経の繋辞上伝に由来する言葉であった。おそらくは、人類が無数に経験してきたであろう災いを帰納して易経や倫理・哲学をなし、演繹して悲劇がなったのだとすれば、そこに共通項が浮かび上がるのは、むしろ自然なのかもしれない。漠然と、なぜ統計学において母数にギリシア文字を当て、実際のデータにラテン文字を当てるのかも感覚的に理解できるような気がする。しかし、あまり、瑣末にこだわらず、現存するソポクレスの悲劇のあらすじをすべて読めるということだけでも、十分楽しめる一冊。さらには、漢方にも援用される易経自体の構造を知り、易経を傍らに携えれば、行き詰まった時の発想の一助としてのツールが1つ増えることになる。

著者自身が自著について語る記事もどうぞ。→こちら