Saturday, June 30, 2012

ggplot2でランの記録を視覚化


統計環境Rは日常的に使っていないと、コマンドを忘れたり、使うのが億劫になったりというのが難点。であれば、日常的な作業に使ってやればいいのですね。ということで、日々のランの記録をちょすことにしてみようと思います。記録は、RunKeeperでしてるので、設定ページの下の方にあるデータをダウンロードしてきて、そのなかのcardioActivities.csvを使って走行距離のグラフを描いてみます。

ヘッダに(km)などの文字が使われているので再ラベリングが必要になります。

library(ggplot2)
run <- read.table("/home/siro/Dropbox/R_data/cardioActivities.csv", 
    sep = "\t", header = T)
names(run) <- c("Date", "Type", "Route", "Distance", "Duration", 
    "Pace", "Speed", "Calorie", "Climb", "HR", "Notes", "GPX")

デフォルトのplotで描いてみます。

plot(run$Date, run$Distance)
abline(mean(run$Distance), 0)

plot of chunk unnamed-chunk-2

ggplot2を使用して描いてみます。

ggplot(data = run, aes(x = Date, y = Distance)) + geom_bar() + geom_hline(yintercept = mean(run$Distance), 
    linetype = "dotted")

plot of chunk unnamed-chunk-3

今日のポイント

  • csvファイルを読みこむ方法:セパレータの種類、ヘッダの有無の指定
  • ggplot2の概要:詳細は、本家本元のサイトが参考になります。

Thursday, June 28, 2012

Fagan's Nomogram

Faganの名を冠した有名なノモグラムの出所は、ベイズの定理に基づいたグラフから事後確率を導き検査の効用を議論する記事[1]を受けてのレター[2]である。レターでも名前を残すことができる一例ですね。

ベイズの定理は、事象Bのベイズ確率について、

  • P(B) = 事象Aが起きる前の、事象Bの確率(事前確率, prior probability)
  • P(B|A) = 事象Aが起きた後での、事象Bの確率(事後確率,条件付き確率, posterior probability,conditional probability)
とする。 そのとき、事後確率 P(B|A) は下記に従って更新される。
定義に沿って計算するのが正攻法だが、ここではフリーの統計解析ソフトRを利用することとする。TeachingDemosというパッケージの中にこのノモグラフを描く関数が用意されている。そこで、まずパッケージを読み込む。
install.packages("TeachingDemos", repos = "http://cran.md.tsukuba.ac.jp/") 
library(TeachingDemos)
あとは、事前確率と尤度比を入れてやればいい。
fagan.plot(0.1, 10)
plot of chunk unnamed-chunk-1
References
1. Murray A. Katz, M.D. A Probability Graph Describing the Predictive Value of a Highly Sensitive Diagnostic Test. N Engl J Med 1974; 291:1115-1116
2. Fagan TJ. Nomogram for Bayes theorem. N Engl J Med 1975;293(5):257-61.

Wednesday, June 27, 2012

NEJM Audio Summary - June 21, 2012

Excerpted Scripts
12:47| "A Premature Newborn Boy with Respiratory Distress", a case record of the Massachusetts General Hospital by Elizabeth Catlin and colleagues. A premature newborn boy was admitted to the hospital because of respiratory distress. The patient was born at a gestational age of 29 weeks at another hospital by cesarean section for breech presentation, premature labor, and rupture of membranes of approximately 2 hours' duration. Shortly thereafter, subcostal retractions developed. Analysis of umbilical arterial blood revealed a pH of 7.35, a partial pressure of oxygen of 47 mm Hg, and a partial pressure of carbon dioxide of 22 mm Hg. Continuous positive airway pressure (CPAP) was administered, transfer to this hospital was arranged and the trachea was intubated. On the patient's second day of life, the neonatal abstinence syndrome developed (characterized by tremors, agitation, poor sleeping, and frantic behavior). During the patient's third day of life, a systolic ejection murmur was heard, respiratory distress recurred, and respiratory acidosis developed. The trachea was reintubated. The patient's respiratory status improved This newborn boy, born prematurely at a gestational age of 29 weeks, had a relatively typical course in the NICU until suddenly, on his sixth day of life, progressive multiorgan system failure developed, and he died early on his seventh day of life. For diagnostic possibilities, four categories of neonatal disorders were considered: inborn errors of metabolism, respiratory failure, cardiomyopathy, and bacterial or viral sepsis.
19:50| The images in clinical medicine features a 75-year-old woman presented with a bluish discoloration, measuring 1 cm in diameter, on the dorsal surface of the terminal phalanx of her right index finger. The patient reported that she had stuck the tip of her finger with a lead pencil 50 years earlier. In the intervening years, the mass had slowly enlarged, changed color, and become tender. Histologic examination of a biopsy specimen showed degenerative tissue with calcification and granulomas associated with histiocytes laden with fragments of black graphite. The lesion was determined to be a pencil-core granuloma. The core of a pencil is composed of graphite, clay, wax, and lacquer. Each of these components may cause delayed granulomatous reactions in the skin.
20:41| A 64-year-old man was admitted to the medical service with a presumed asthma exacerbation. His symptoms had worsened during the preceding 3 weeks despite treatment with oral glucocorticoids, leading him to present to the emergency department multiple times with a progressive cough. He also reporting having associated chest tightness and difficulty eating and sleeping, without any post-tussive emesis. Shortly after his admission, the medical team heard a characteristic “whooping” cough. See the video which includes audio at NEJM.org. He was given azithromycin. Samples were obtained for serologic testing and for nasopharyngeal culture of positive Bordetella pertussis.
本は、内容と関係ないが、臨床医学総論と高齢者医療の内容がまとめられており、お勧めの一冊。

今回の発音の注意点
  • pH ✗ペーハー → ❍ピーエイチ
  • Hg ✗エイチジー → ❍マーキュリ
  • NICU ✗エヌアイシーユー → ❍キュ
  • neonatal ✗ネオネイタル → ❍ニアネイ

Sunday, June 24, 2012

ランニング、振動しながらの宇宙旅行

ランニングコースは、走り始めての気分、体調、天気で変えている。それでもだいたい基本形があって、高速道路を潜って、国道36号線の歩道橋を超えてのコースで、旧道の三里塚と四理塚の間におさまっている。三里塚、四里塚というのは、明治天皇が初来道した1881年(明治14年)に札幌室蘭間の136km(34里)に一里づつ塚を作ったらしく、今の住所で言うと、創成橋を出発点として、一里塚が月寒中央通1丁目望月寒橋辺り、二里塚が北海道農業研究センター辺り、三里塚が平岡南公園から平岡2条4丁目の交差点付近辺り、四里塚が柏葉台団地バス停辺り、五里塚が輪厚中央5丁目付近、六里塚が北広島市島松1番地にある「旧島松駅逓所」辺り…ということになるらしい。そのうちの一里の間をちまちまと走っているわけである。

そして、星空を見ながら、ちまちまと走りながら考えた。たとえ、そんな距離走っても、地球の自転と公転で4万キロ+24万キロ移動しているわけで、きっと神様がいるとすれば、こんなに必死に走っても、プルプル震えて軌道を描いているようにしか見えないんだろうなぁと。(震えていることさえ気づかれないことでしょう!)

夜に走ると、肥大した自意識に気づかせて頂けるのであります。(写真は、高速を潜る隧道)

Friday, June 22, 2012

Dr. Meadorが医師に勧める10冊

右掲書は、医師としての姿勢や考え方のルールを425項にわたる箇条書きでまとめた本。研修医の頃に福井次矢先生の翻訳による「ドクターズルール425―医師の心得集 」を読んだ記憶があるが、英語の勉強も兼ねて原著で読み返してみた。以前読んだときはあまり印象に残らなかったが、自分が経験を重ねてきて腑に落ちることが多い。原著者については、ご本人のホームページを参考にされたい。ルール92は、「NEJMかJAMAを購読し、毎週読むようにすること、できない時でもざっと目を通すこと」というものだが、ご本人もこれらの雑誌に寄稿している。本投稿末尾にリンクを貼っておく。

ここでは、本書の中で「読みなさい」というルールがある本をまとめておく。
参考文献
  1. Meador CK. A Lament for Invalids. JAMA. 1991;265(11):1374-1375.
  2. Clifton K. Meador, M.D. The Last Well Person N Engl J Med 1994; 330:440-441
  3. Clifton K. Meador, M.D. The Art and Science of Nondisease N Engl J Med 1965; 272:92-95

Thursday, June 21, 2012

Rでボリンジャーバンドを描く

以前「Rでローソク足を描く」の投稿を書いて、早一年半も経過。その間、パッケージRFinanceYJもxtsでデータを返すようになったり、quantmod関連のドキュメントも増えたり(例えば、"Using "R" for backtesting and charting - a very quick tutorial"の記事は要領よくまとまっている。)、環境の変化が著しい。何よりも、RStudioが登場して長足の機能強化を遂げていることが、Rの敷居を低くしてくれた。そこで、今日もR Markdown書類のスクリーンショットの形で投稿をしてみたが、肝心なボリンジャーバンドのグラフが切れてしまったので、RpubsにHTMLを公開しておいた。

もう少しxtsについてしっかりと学んで、一目均衡表の関数を作るのが目標というか、また一年半待ったら、誰かが作っていてくれそうだけどww。

とりあえず、xtsに関しては、teramonagiさんのブログにまとまっているんで、そのあたりを読むことから始めましょうか。

Wednesday, June 20, 2012

NEJM Audio Summary - June 14, 2012

Excerpted Scripts
12:54| "A 35-Year-Old Man with Neck Pain, Hoarseness, and Dysphagia", a case record of the Massachusetts General Hospital by Louis Caplan and colleagues. 
A 35-year-old man was seen in the emergency department because of neck pain, hoarseness, and dysphagia. 7 days earlier while he was performing manual labor outdoors, pain developed suddenly in his right mandible and teeth, radiating to the ear. Minutes later, bilateral blurred vision and unsteadiness developed, resolving after 10 to 15 minutes. The jaw pain resolved spontaneously during 3 hours. Several hours later, pain in the right posterior neck and right-sided headache developed, which he rated at 8 on a scale of 0 to 10 (with 10 indicating the most severe pain). His symptoms recurred intermittently, and then persisted. Examination showed weakness of right palate and pharynx. His right lower eyelid was slightly elevated as compared with the left lower eyelid; the right pupil was 2.5 mm in diameter, the left pupil 3 mm in diameter. 
To arrive at a diagnosis, “what?” and “where?” are the two key questions to ask. The location of the process has become increasingly important, since with modern imaging, lesions can often be defined precisely — when clinicians know where to look. In neurologic conditions, the “where?” is especially important, since structures in the nervous system are located throughout the body, from the brain to the spinal cord to the peripheral nerves and muscles. The “what?” question concerns the cause, including the pathologic and pathophysiologic features. 
21:59| The images in clinical medicine features a 51-year-old man who presented to the emergency department with a 3-day history of pain and swelling on the right side of his face, fever, and dry mouth. On physical examination, firm right preauricular swelling was noted, with erythema of the overlying skin. An oropharyngeal examination revealed dry oral mucosa and swelling adjacent to the right parotid papilla. Laboratory tests revealed a leukocyte count of 21,400 per cubic millimeter. Maxillofacial CT showed changes consistent with inflammation in the parotid gland and surrounding tissues, with marked dilatation of the parotid duct and a small calcified mass proximal to the duct orifice. 
Acute parotitis can be caused by obstruction of the parotid duct, with concomitant inflammation, resulting from bacterial superinfection of the oral flora. A combination of stasis, a change in salivary contents, and infection can lead to the formation of stones in the salivary duct that can in many cases be visualized on radiography because of their high calcium content. Surgical removal of the stones paired with supportive antibiotic therapy results in symptomatic relief for the majority of patients. 
23:25| A 68-year-old man was admitted with eosinophilic pustular folliculitis of Ofuji, a pruritic eruption caused by eosinophilic infiltration of the hair follicles. While he was an inpatient, a single, round, tender, subepidermal nodule that was centrally elevated developed spontaneously overnight around a hair follicle on his right thigh. The lesion pigment changed from a skin-colored to an erythematous tone, flashing in time with the patient's pulse, yet no single, subcutaneous arterial vessel could be palpated. Doppler ultrasonography revealed multiple superficial arterial and venous capillaries, which were also evident on histologic examination (see the video at NEJM.org). 
Although spider arterial angiomas can be pulsating, as can inflammatory skin lesions, an acquired pulsating arteriovenous angioma is rare. The sudden occurrence of this lesion was probably due to the development of an arteriovenous capillary shunt either in an inflamed lesion or as a result of local trauma.
好酸球性膿疱性毛包炎(EPF)って初めて知った、1970年に日本の先生が報告した病気なのに。難病指定されているんですね。


Tuesday, June 19, 2012

R、knitr、RStudio

R、knitrRStudioを使うと、Markdownで下のようなHTML文書が簡単に書けてしまいます!LaTeXの埋め込みもOKです。


Monday, June 18, 2012

禅的ランニング

最近は、金水日と走り始めた。昨晩は雨がぱらついたので、走るのをやめて、積んどいたこの本を手に取った。頁を繰って、第一章の「つい怠けてしまう時に使われる言い訳」の項、その1が「悪天候」…本を閉じ、走りに出た次第。
そして、本のほうを読んだのは、本日。漠然と日本語タイトルからランニングの実践から禅の境地に達するかという内容を考えていたのだが、読み進めて、禅の実践をランニングにどう応用するかというものであることが判明。

原著タイトルは、"Zen and the Art of Running: The Path to Making Peace With Your Pace "であり、著者の方はウィスコンシン大学の哲学科の教授なので、禅的思考が主体になるのは肯首ものではある。「ゾーン体験」に関する記載もあり、ランニング以外にも応用可能な内容になっており、ランニングの本と言うよりは、仏教的メンタルトレーニングの本と言うべき一冊。

今後は、ぜひ、小池龍之介さんの一連の著作「もう、怒らない (幻冬舎文庫) 」、「考えない練習 (小学館文庫) 」、「超訳 ブッダの言葉 」などに目を通し、日本人による仏教の理解にアクセスしたいと考えた次第。

Friday, June 15, 2012

症例呈示の英語

WONCA APRカンファレンスのシンポジウムでオーストラリアFlinders大学のMichael Kidd先生の講演があった。ガイドラインについてのお話だったが、その中で一般臨床医がガイドライン作成に貢献するためには、日常診療の延長として症例報告をどんどん発表することが大切ということを強調していました。この先生が編集長をされているオープンアクセスのオンラインジャーナル"Journal of Medical Case Reports"の紹介もありました。最近のエディトリアルにも同様の記事が掲載されています。[1]しかし、英語というのが我々にとっては高い壁。それを乗り越えるための方策を幾つか提案したい。

読む:先に挙げた"Journal of Medical Case Reports"でタイムトライアル。NEJMのポッドキャストは130wpmくらいの速さなので、少なくともそれ以上の速さで読めなければ、聴くことも難しい。読んだ症例報告はテキスト化して保存し、コーパス化しておく。コーパスを使った学習法の解説は、大阪大学大学院医学系研究科老年・腎臓内科学の"Clinical Journal Club 7. Medical Writing"に詳しい。そこで紹介されているコンコーダンサーソフトAntConcの開発者のサイトはこちら

聴く: NEJMのポッドキャストでは、有名なCPCやImages in Clinical Medicineのコーナーで簡単なケースプレゼンテーション音声に触れることができる。英米語に慣れ、英米国双方の視点を持つという意味では、インパクトファクター2位のLancetのポッドキャストも聴くことを習慣としたい。(Android携帯を使っていれば、ListenというアプリがGoogle Readerとポッドキャストの同期ができて便利です。)

話す:ある程度読んだり聴いたりで、症例呈示の作法が身についたら自分も声に出して英語で症例提示をしてみる。具体的なことは、ハワイ大学医学部医学教育部客員教諭の齋藤中哉先生が医学書院の週刊医学会新聞に書いたシリーズに詳しい。外国語で診断過程を考えることでforeign-language effect[2]により診断精度が高まる可能性もあります。
文献
  1. Kidd MR and Saltman DC Case reports at the vanguard of 21st century medicine Journal of Medical Case Reports 2012, 6:156
  2. Boaz Keysar, Sayuri L. Hayakawa, and Sun Gyu An The Foreign-Language Effect: Thinking in a Foreign Tongue Reduces Decision Biases Psychological Science, June 2012; vol. 23, 6: pp. 661-668.

Thursday, June 14, 2012

空間疫学の学習会

臨床疫学の教科書を紐解くと、診断、検査、治療に関する臨床研究の方法が網羅されていることが多い。しかし、実地の臨床では、そのようなテーマは症例数も限られ、大規模な臨床研究には到底太刀打ちできず、専ら発表された研究を咀嚼する機会のほうが多いだろう。その為には、疫学の基礎的な概念とPRISMA声明 、 MOOSE声明 、 CONSORT声明 、 TREND声明 、 STROBE声明,STARD声明、QUOROM声明などの概要の知識があれば十分だ。むしろ、実際に臨床の現場から新たな知見を見出すためには、症例報告を基本に、経時データの解析や空間疫学など、通常の統計学とはまた異なった手法が必要な気がしているのである。

そんな折、今年の8月10日、汐留イタリア街東京茶業会館にて医学統計学研究センター平成 24 年度第 3 回セミナーがあるとのこと。テーマは「空間疫学-疾病の集積性を検出する統計学的方法とその実際-」。パンフレットによると、右本をテキストとして、RやFleXScanなどのソフトの実演をする予定とのこと。FleXScan は対象地域の中で観察された疾病がある地域に集積しているかどうかという疾病集積性(disease clustering)の検討をするための統計解析を Windows 上で行うことができるソフトウェアらしいです。ubuntu環境でも、wineが導入してあれば、問題なく動くようです。


Wednesday, June 13, 2012

NEJM Audio Summary - June 7, 2012

Excerpted Script
0:47| "Delamanid for Multidrug-Resistant Pulmonary Tuberculosis", by Maria Tarcela Gler, from the Makati Medical Center, Manila in the Philippines. In this study patients with sputum culture–positive multidrug-resistant pulmonary tuberculosis received 2 months of treatment with delamanid, a novel antituberculosis medication, at a higher or lower dose, or placebo in combination with a background drug regimen developed according to World Health Organization guidelines. Among patients who received a background drug regimen plus 100 mg of delamanid twice daily, 45.4% had sputum-culture conversion in liquid broth at 2 months, as compared with 29.6% of patients who received a background drug regimen plus placebo. Likewise, as compared with the placebo group, the group that received the background drug regimen plus 200 mg of delamanid twice daily had a higher proportion of patients with sputum-culture conversion (41.9%). The findings were similar with assessment of sputum-culture conversion in solid medium. Delamanid at either dose did not have dose-limiting toxicity; however, patients who received delamanid plus the background drug regimen had more episodes of QT-interval prolongation on scheduled ECG. Delamanid was associated with an increase in sputum-culture conversion at 2 months among patients with multidrug-resistant tuberculosis. This finding suggests that delamanid could enhance treatment options for multidrug-resistant tuberculosis.
2:32| "National Survey of Drug-Resistant Tuberculosis in China", by Yanlin Zhao(赵雁林), from the Chinese Center for Disease Control and Prevention, Beijing. In 2007, the authors carried out a national survey of drug-resistant tuberculosis in China. Among 3037 patients with new cases of tuberculosis and 892 with previously treated cases, 5.7% and 25.6%, respectively, had multidrug-resistant (MDR) tuberculosis. Approximately 8% of the patients with MDR tuberculosis had extensively drug-resistant (XDR) tuberculosis. In 2007, there were 110,000 incident cases of MDR tuberculosis and 8200 incident cases of XDR tuberculosis. Most cases of MDR and XDR tuberculosis resulted from primary transmission. Patients with multiple previous treatments who had received their last treatment in a tuberculosis hospital had the highest risk of MDR tuberculosis (adjusted odds ratio, 13.3). Among 226 previously treated patients with MDR tuberculosis, 43.8% had not completed their last treatment; most had been treated in the hospital system. Among those who had completed treatment, tuberculosis developed again in most of the patients after their treatment in the public health system. China has a serious epidemic of drug-resistant tuberculosis. MDR tuberculosis is linked to inadequate treatment in both the public health system and the hospital system, especially tuberculosis hospitals; however, primary transmission accounts for most cases.
4:28| Richard Chaisson, from Johns Hopkins University School of Medicine, Baltimore, writes in the editorial that MDR and XDR tuberculosis are now widespread throughout the world, with the increase driven largely by transmission. Efforts to control drug-resistant tuberculosis can no longer focus solely on high-risk patients but must be incorporated into basic tuberculosis-control programs. Creating the capacity to make an accurate diagnosis of MDR tuberculosis and to treat the patients with this disease appropriately is a monumental task but one that cannot be avoided if tuberculosis is to be contained.
呼吸器内科医さんの「ランダム化プラセボ対照試験により多剤耐性結核におけるDelamanidの有効性が証明」を参照。その他、WHOの結核治療ガイドライン中国CDCの結核のページなど。

Sunday, June 10, 2012

統計学におけるキム王朝の終焉?

キム王朝というのは、統計学の教科書に必ず出てくる「帰無仮説有意差検定(null hypothesis significance test; NHST)」のこと。アメリカの心理学会雑誌では使用禁止の議論もなされているらしく、その勢力には翳りを見せている。一方、New England Journal of Medicineなどでも統計モデルを使った解析が増えてきているし、「一般線形モデルによる生物科学のための現代統計学―あなたの実験をどのように解析するか 」、「統計学:Rを用いた入門書 」など翻訳物の統計学教科書では統計モデルにページが割かれるようになってきている。そんな状況で出版されたのが、全ページ統計モデリングのこの本。

北海道大学久保拓弥さんの著作です。御本人のホームページTwitter @KuboBookでのアフターケアも万全。さらには、7月7日の統計環境Rの勉強会"sappoRoR"では、著者にお会いできるかも。(私は本業のため参加できないのが残念orz)

本書では、統計環境Rと後半、マルコフ連鎖モンテカルロ法(Markov chain Monte Carlo methods; MCMC法)では、WinBUGSが使われています。WinBUGSはWindows環境でなければ使用できないので、ubuntuな私はsynaptic package managerから同様のオープンソースソフトJAGSを入れて準備しました。後は、読むだけ...

きちんと読了して、キム王朝に終止符を打つことができますかどうか。

Wednesday, June 6, 2012

NEJM Audio Summary - May 31, 2012

Excerpted Script
0:46| "Drotrecogin Alfa (Activated) in Adults with Septic Shock" by V. Marco Ranieri, from Università di Torino, Turin, Italy. 0:46| The efficacy of drotrecogin alpha (activated) (DrotAA) for sepsis has been controversial. This study tested the hypothesis that DrotAA, as compared with placebo, would reduce mortality in patients with septic shock. At 28 days, 223 of 846 patients (26.4%) in the DrotAA group and 202 of 834 (24.2%) in the placebo group had died. At 90 days, 34.1% in the DrotAA group and 32.7% in the placebo group had died. Among patients with severe protein C deficiency at baseline, 28.7% in the DrotAA group had died at 28 days, as compared with 30.8% in the placebo group. Similarly, rates of death at 28 and 90 days were not significantly different in other predefined subgroups, including patients at increased risk for death. Serious bleeding during the treatment period occurred in 10 patients in the DrotAA group and 8 in the placebo group. DrotAA did not significantly reduce mortality at 28 or 90 days, as compared with placebo, in patients with septic shock.
2:17| Richard Wenzel, from the Virginia Commonwealth University, Richmond, writes in the editorial that this large and well-conducted study should end any further pursuit of a niche for DrotAA in the treatment of sepsis. The investigators' findings provide a sad chapter in the noble quest for a truly effective adjunct for the treatment of septic shock. This setback should inspire a redoubling of efforts to seek new approaches to treatment that are based on a more crystalline view of the biology of sepsis.
日本語では、呼吸器内科医「敗血症性ショックにおけるザイグリスdrotrecogin alfa (DrotAA)は死亡率改善もたらさず」とか、ID CONFERENCEの「さようならプロテインC」とかも

Tuesday, June 5, 2012

オランダ・モデルは日本で成り立つか?


  • 以前、岩田健太郎教授の本を取り上げたら、ページビューが跳ね上がったので、再現性を確認するための投稿。(ごめんなさい<(_ _)>
  • 読んだのがだいぶ前なので内容は、忘却の彼方なのですが、それでも「オランダでは、厚生省の役人さんが病院監査に来て、違反の原因が資金不足であれば、当局に予算の交渉をしてくれる」という件、此彼の違いに愕然としたことを覚えています。
  • オランダという国は、歴史上、日本人が蘭学を取り入れたにもかかわらず、意外と注意が払われていない国ですね。でも、村上龍さんが主催するJMMのメルマガの「オランダ・ハーグより 」の連載や岩田教授のこの本のお陰で、私はわずかながらも関心を持ってきました。
  • 歴史を紐解くと、「神が地球を創り給うたが、オランダを造ったのはオランダ人である。"God schiep de Aarde, maar de Nederlanders schiepen Nederland."」という言葉に象徴されるように、神を早くに象徴的なものにしながらも、エラスムスのように行き過ぎた宗教改革には反対し、イギリス、フランス、ドイツという強国に囲まれながら貿易立国をし、現代は移民、身体障害者、セクシャルマイノリティなどにも配慮がなされるバランス感覚のある国づくりをしています。
  • Wikipediaによると、サイズや地勢、人口は、関東平野に東京都民が散らばった感じの小国だそうです。だからこそ小回りが効くのかもしれません。
  • 最近は、在宅看護・介護関係で"buurtzorg"が取り上げられる機会が増えています。アメリカ合衆国が軍隊に取り入れたフラットな組織を、民間在宅サービスが導入して成功しているようです。
  • でも、これをそのまま他国に導入して成功するかどうかは、僕は怪しいと思っています。(北欧など一部の国を除けば)
  • オランダ生まれの政治学者アーレン・レイプハルト先生が著書「民主主義対民主主義―多数決型とコンセンサス型の36ヶ国比較研究 (ポリティカル・サイエンス・クラシックス) 」で優れていることを実証した合意形成型政治"pacificatiepolitiek"の経験が長い国だからこそ可能だったのではないかと。
  • 合意形成型政治とは、英米の排他的、敵対的、競争的民主主義とは異なり、包括的、交渉的、妥協的民主主義を指す。
  • 日本で同じことをしようとすると、日本では意見と人格の分離ができない人が高学歴の方でも多く、さらには日本語自体に相手との関係を明示的にしなければならない敬語のような体系がビルトインされており、議論が合意形成に至る前に喧嘩別れになってしまう実例を多く目にします。(有名なものでは、デキビジでの勝間氏とひろゆき氏の討論がいいケース)
  • まだ読んでないけど、憶測するに、岩田教授の「主体性は教えられるか (筑摩選書) 」は、そんなとこにも問題意識をもって書かれたのではないのかな?
  • 結論めいたことを書くと、敬語が廃れてタメ口が標準語になる頃にならないと、オランダ・モデルは根付かないのではないかな?当面は、海外資産を徐々に回収しながら、ブランドイメージを高めイタリア・モデルで行くしかないような気がする。
  • いづれにせよ、「じゃーまーいっか」(ジャパン・モデル)では、因幡の茹で兎への道は間違いない。なにせ、高齢化社会は、僕らが小さな時から騒がれていたのだから。

Sunday, June 3, 2012

診断を歴史的に考える

岩田健太郎教授の診断学本を読了。内科医にとっては飯の種であり、自分自身ことあるごとに自分なりの考えを巡らせていたが、そんなことをわかりやすく言語化してくれた小気味良い一冊でした。

キーワードを並べると、シニフィアン・シニフィエ、無知の知、メタ認知、ゲシュタルト、ヒューリスティック、時間軸、演繹法・帰納法・オッカムの剃刀、診断のコンテキスト、事前確率・感度・特異度、ブリコラージュ、類化性能・別化性能などなど。言語学、哲学、論理学などの壁を突き抜けて疾走する爽快感を味わえます。

敢えて難を言うと、私は、味覚音痴でワインは酒の一つでしかないので、ギュスタシオンの比喩はピンと来なかったこと。しかし、これは筆者と同じ趣味をお持ちの方には、嬉しいおまけとなるでしょう。

研修医の先生には、通常なら十数年かかって体得する診断の奥深さを3時間程度でレビューできるので、お勧めです。

筆者が、ソシュールの共時言語学を引き合いに出していたので、通時言語学の観点から、トリヴィアを1つ。

  • 英語のコーパスに当たってみると、英語で"diagnosis"の言葉が現れるのは、17世紀前半だからイギリスのヒポクラテス Thomas Sydenhamの時代なのでした。
  • 他の言語ではどうかと、Webster Online Dictionaryを繰っていて、妙なことに気がついた。欧州主要言語がすべてギリシア語の" διάγνωσις"に由来する言葉を使っているのである。比較的古典語を自国語化して導入する傾向のあるドイツ語やオランダ語でさえ"Diagnose"と、まんまなのである。意外と他国でも診断の概念は充分咀嚼されずに導入されたのかもしれない。
  • 例外は、ポーランド語で"Rozpoznanie"(分けて認知すること)という自国語化した単語を用いている。
  • ここで白状しなければならないが、今まで、"diagnosis"の"dia-"という接頭辞は、通時言語学(linguistique diachronique)の"dia-"だと思い込んでいた。つまり、「時間経過の中で病気を知ること」が由来だと考え違いをしていたのだ。
  • どうやら、diagnosisというのは、ヒポクラテスが代表するコス派と対立したクニドス派の分析的な疾患の把握を意味するらしい。
  • 西洋に古典を継承したイスラムでは、診断のことを"تشخيص"というらしく、この語には、embodyとか、personificationとかいう意味もあって、想像するに、いろんな症状の断片を一体化して考えるってことなのだろう。syndromeの考え方は、イブン・スィーナーが嚆矢とされているので、あながちまちがいではないだろう。
  • これが正しければ、アラビア語の「診断」は、コス派の総合的把握を継承していることになるのかもしれない。
  • いずれにせよ、診断の本質は分析と総合のブリコルールで、diagnosisの語源を超越した概念とは言えるでしょう。
  • プログラマーのシェリー・タークル女史は、エッセイ『Epistemological Pluralism(認識論的多元論)』でこう述べている:「ブリコルールは画家に似ている。彼は一回筆を入れるごとに一歩下がってキャンバスを見渡し、熟考したあとではじめて、次にどう筆を入れるを決める。」診断がアートである所以である。