Saturday, September 29, 2012

ロマンスの過去

ロマンス諸語の活用の学習の困難はその変化の他、文法用語の不統一にもある。過去に遡ってラテン語の文法用語で統一して学習するのも一案である。文法用語の不統一の経緯については、川原潮子先生の「<言語を語る言語>の不自由」に詳しい。未完了過去の語尾のbaやvaの部分は、インドヨーロッパ祖語のコプラbheuに由来するとのこと。

未完了過去

ラテン語
1) amare: amabam, amabas, amabat, amabamus, amabatis, amabant
2) habere: habebam, habebas, habebat, habebamus, habebatis, habebant
3A) regere: regebam, regebas, regebat, regebamus, regebatis, regebant
3B) facere: faciebam, faciebas, faciebat, faciebamus, faciebatis, faicebant
4) audire: audiebam, audiebas, audiebat, audiebamus, audiebatis, audiebant
ポルトガル語
1) comprar: comprava, compravas, comprava, comprávamos, compráveis, compravam
2) vender: vendia, vendias, vendia, vendíamos, vendíeis, vendiam
3) abrir: abria, abrias, abria, abríamos, abríeis, abriam
スペイン語
1) hablar: hablaba, hablabas, hablaba, hablábamos, hablabais, hablaban
2) comer: comía, comías, comía, comíamos, comíais, comían
3) vivir: vivía, vivías, vivía, vivíamos, vivíais, vivían
フランス語
1) travailler: travaillais, travaillais, travaillait, travaillions, travailliez, travaillaient
2) finir: finissais, finissais, finissait, finissions, finissiez, finissaient
イタリア語
1) comprare: compravo, compravi, comprava, compravamo, compravate, compravano
2) prendere: prendevo, prendevi, prendeva, prendevamo, prendevate, prendevano
3) dormire: dormivo, dormivi, dormiva, dormivamo, dormivate, dormivano
完了

ラテン語
1) amare: amavi, amavisti, amavit, amavimus, amavistis, amaverunt
2) habere: habui, habuisti, habuit, habuimus, habuistis, habuerunt
3A) regere: regui, reguisti, reguit, reguimus, reguistis, reguerunt
3B) facere: feci, fecisti, fecit, fecimus, fecistis, fecerunt
4) audire: audivi, audivisti, audivit, audivimus, audivistis, audiverunt
ポルトガル語
1) comprar: comprei, compraste, comprou, compramos, comprastes, compraram
2) vender: vendi, vendeste, vendeu, vendemos, vendestes, venderam
3) abrir: abri, abriste, abriu, abrimos, abristes, abriram
スペイン語
1) hablar: hablé, hablaste, habló, hablamos, hablasteis, hablaron
2) comer: comí, comiste, comió, comimos, comisteis, comieron
3) vivir: viví, viviste, vivió, vivimos, vivisteis, vivieron
フランス語
1) travailler: travaillai, travaillas, travailla, travaillâmes, travaillâtes, travaillèrent
2) finir: finis, finis, finit, finissîmes, finîtes, finirent
イタリア語
1) comprare: comprai, comprasti, comprò, comprammo, compraste, comprarono
2) prendere: presi, prendesti, prese, prendemmo, prendeste, preserono
3) dormire: dormii, dormisti, dormì, dormimmo, dormiste, dormirono

Friday, September 28, 2012

「イタリア人と日本人、どっちがバカ?」

著者はダンテ・アリギエーリ協会東京・名古屋支部の会長を務めるFabrizio Grasselli氏。献辞に「すべての日本の子どもたちに捧げます。」とある通り、これからの日本を担う子どもに期待を込めた一冊です。子どもとは言っても新書を手に取る年代となると、中高生が対象でしょうか。その年代でも理解できるよう配慮され、一貫してブランキ一家という架空のイタリア家族の日常の物語を通じ、1861年イタリア統一後の歴史、特にここ20年の政治状況を描いています。そして、なぜ今の経済的苦境に至ったのかを説明しています。日本は、明治維新以後、イタリアと同様中央集権国家を作り上げ、敗戦を迎え、復興し、財政危機にあります。ですから、まさにイタリアが日本の他山の石となるはずなのですが、タイトルに対する答として、著者は、「○○○バカ」のイタリア人、「○○○バカ」の日本人と、どっちもどっちと結論づけております。○○○は是非本書を手にとって御確認下さい。著者が子どもに期待する所以かもしれません。しかし、筆者に見限られた大人であっても、エスニックジョークでは女好きで、怠け者のステレオタイプで語られることが多いイタリア人についての認識を改めるという意味で非常に有用な本です。一例を挙げれば、ミラノという街は一人頭のGDPで比較すると、東京やニューヨークを凌駕しているのです
日本の将来を考える若者、イタリアを嗤い他人事の大人には、ぜひ読んで欲しい一冊です。

Thursday, September 27, 2012

NEJM Audio Summary - Sep 27, 2012

12:42| "A 54-Year-Old Woman with HIV Infection, Dyspnea, and Chest Pain", a case record of the Massachusetts General Hospital by Steven Deeks and colleagues. A 54-year-old woman with chronic HIV infection was admitted to this hospital because of dyspnea and chest pain which had begun 10 days earlier. Approximately 1 hour before presentation, substernal chest pain developed during sexual intercourse, associated with dyspnea, nausea, and diaphoresis. She came to the emergency department. The patient reported that the pain felt as though someone were sitting on her chest; it also radiated to her neck. Shortly after arrival, the pain resolved spontaneously. Abnormalities were noted on ECG. Eighteen years earlier, diagnoses of HIV infection and AIDS were made. During the intervening years, multiple antiretroviral medications had been administered. She had dyslipidemia for many years, for which she had declined treatment. This patient presented with classic symptoms consistent with myocardial ischemia. However, it is unusual that a relatively young woman with limited risk factors for the development of heart disease would present with a presumed acute myocardial infarction. Estimation of this patient's cardiac risk by means of the Framingham risk score suggests that she had only a 2% risk of a myocardial infarction or coronary death during the next 10 years. The real question posed by this case is whether the patient's HIV infection contributed to her presentation. (230 words / 96 sec = 144 wpm)

Sunday, September 23, 2012

NEJM Audio Summary - Sep 20, 2012

Excerpted Script
12:54| "A 49-Year-Old Man with Pain and Cranial-Nerve Palsies after Treatment of Oral Cancer", a case record of the Massachusetts General Hospital by Lori Wirth and colleagues.
A 49-year-old man had fever, pain, and cranial-nerve deficits 4 days after completion of chemoradiation for squamous-cell cancer of the oral cavity. Approximately 9 months before admission, a painful ulcer developed on the right side of the floor of the mouth. Imaging studies revealed an enhancing lesion in the floor of the mouth; a biopsy specimen of the lesion revealed poorly differentiated squamous-cell carcinoma. He had a history of tobacco and alcohol abuse. Four months before admission, right hemiglossectomy, resection of the right side of the floor of the mouth, bilateral modified radical neck dissection, and reconstruction were performed. Radiation therapy and concurrent chemotherapy were administered. Four days after completion of chemoradiotherapy, right-eyelid weakness, diplopia, and right-sided facial and neck pain developed. On examination, the patient had mucositis, dermatitis, and pain in the radiation field, as expected after chemoradiation, as well as exquisite tenderness to palpation of the forehead, orbits, and face. The physicians had to determine whether this was an infectious process or locally recurrent cancer. Imaging revealed dural thickening and abnormalities of the cavernous sinuses and skull base. (216 words /99sec = 131 wpm)

Saturday, September 22, 2012

スペイン語の童謡

よく「蝶々」がスペイン民謡ということで紹介されているのを見かけるが、これはドイツ民謡が正解。"Hänschen klein"という曲が原曲です。 あまりそういう機会はないかもしれないが、スペイン語圏へ出掛けて、日本語でなにか歌ってくれということになって、サービス精神を発揮したつもりでこの歌をやろうものなら、"chocho"という単語が、日本語で「お○○こ」という意味だから、聞かされる方はたまったものではない。気をつけたほうが良い。

わりと日本でもスペインでも共通して馴染みのある童謡・唱歌というと、下のものが思い付く。
あと日本絡みで面白い童謡を見つけたので紹介する。なぜこんな歌が歌われるようになり歌い継がれているのか、調べてみるのは手に余りそうだが、面白そう。
Soy un chino capuchino mandarínSoy un chino capuchino mandarín
私、赤茶色服着た満州中国人官僚あるよ
de la era, de la era del Japón
日本統治時代から来たあるよ
una tarde me invitaron a tomar un copetín
夕暮れ時軽く一献招待されたあるよ
y una vieja me tiro de peluquín
で、婆さん辮髪引っ張ったあるよ
oye vieja yo no quiero discutir
婆さん、あなたと口論しないあるよ
soy el chino capuchino mandarín
私、赤茶色服着た満州中国人官僚あるよ

Friday, September 21, 2012

De Michael a Miguel

Michaelつながりで(Michaelに相当するスペイン語はMiguel)、Miguel Bosé がスペイン語圏のアーティストたちとデュエット したアルバム"Papito"のメイキング映像。

その1
  • Si Tú No Vuelves [Con Shakira] - Original de "Bajo El Signo de Caín" /1993
  • Bambú [Con Ricky Martín] - Original de "Los Chicos No Lloran"/ 1990
  • Amante Bandido [Con Alaska] - Original de "Bandido"/ 1984


その2
  • Amante Bandido [Con Alaska] - Original de "Bandido"/ 1984
  • Como Un Lobo [Con Bimba Bosé/ The Cabriolets] - Original de "XXX"/ 1987
  • Lo Que Hay Es Lo Que Ves [Con Michael Stipe] - Original de "Bajo El Signo de Caín"/ 1993
  • Sevilla [Con Amaia Montero /Ex de La Oreja de Van Gogh] - Original de "Bandido"/ 1984
  • Hay Días [Con Alejandro Sanz] - Inédito

その3
  • Hay Días [Con Alejandro Sanz] - Inédito
  • Este Mundo Va [Con Leonor Watling] - Original de "Laberinto"/ 1995 - 1996
  • Nena [Con Paulina Rubio] - Original de "Salamandra"/ 1986
  • Olvidame Tú [Con Ivete Sangalo] - Original de "Por Vos Muero"/ 2004
その4
  • Olvidame Tú [Con Ivete Sangalo] - Original de "Por Vos Muero"/ 2004
  • Los Chicos No Lloran [Con David Summers/ Hombres G] - Original de "Los Chicos No Lloran"/1990
  • No Encuentro Un Momento Pa' Olvidar [Con Sasha Sokol] - Original de "Laberinto"/1995-1996
  • Nada Particualr [Con Juanes] - Original de "Bajo El Signo de Caín"/ 1993
その5
  • Nada Particualr [Con Juanes] - Original de "Bajo El Signo de Caín"/ 1993
  • Morena Mía [Con Julieta Venegas] - Original de "Sereno" /2001
  • Te Amaré [Con Laura Pausini] - Original de "Miguel"/ 1980

Thursday, September 20, 2012

越境するMJの遺志

MJが亡くなったのが、2009年6月25日、翌年1月12日起こったハイチ地震を受けて、"We are the world 25 for Haiti"が公開された。ラテンポップス界でもGloria Estefanの呼びかけで、"Somos el Mundo 25 por Haiti"がリリースされた。後半のレゲトン部分のアレンジがラテンらしさと新しさを感じさせる。


出演歌手名と歌詞の字幕の入った動画もあったので、出演歌手の名前と顔を一致させるのに便利です。

Wednesday, September 19, 2012

MJの幻の名曲: "Todo para ti" ("What More Can I Give")


曲についての詳細はWikipediaの記事を参照して下さい。Michael Jacksonが指揮をとり、参加したチャリティーソングです。深入りはしませんが、大人の事情で日の目を見なかったようです。英語版とスペイン語版があります。いずれも錚々たるメンバーです。ただスペイン語圏のアーティストに馴染みのない方が多いと思われますので、動画を貼っておきました。正式にリリースされた楽曲ではないので、動画は投稿者が音声に合わせて過去の画像を継ぎ接ぎしたもののようです。

下に歌手名とWikipediaへのリンク、歌詞、拙い和訳を載せておきます。

"Todo para ti" 歌詞: Michael Jackson、Rubén Blades
[Ricky Martin] ¿Cuántas personas se perderán y nadie protestará?
何人の人の命が失われ、誰も抗議しないのだろうか?
[Christian Castro] ¿Cuántos pequeños van a llorar y nadie lo evitará?
何人の子供が泣いて、誰もそれを回避しないのだろうか?
[Laura Pausini] Un poco de amor no hay más que pedir
僅かな愛を求めればよい
[Shakira] Para vivir 生きるために。
[Mariah Carey/Gloria Estefan]
¿Cuántas miradas se esconderán pretendiendo no saber?
いくつの視線をそらすのか、知らないふりをして。
[Gloria Estefan] Que al mundo herido hay que ayudar
傷ついた世界を助けなければならない。
[Mariah Carey] Y es de todos el deber 義務は皆が負っている。
[Juan Gabriel] Con una oración 祈りと
[Mariah Carey] Y un poco de fé 少しの信念を持って
[Juan Gabriel] Ayudaré 助けよう
[Celine Dion] Voy a dar todo para ti すべてあなたのために与えよう
[Christian Castro] Voy a dar todo para ti すべてあなたのために与えよう
[Celine Dion/Christian Castro] Ayuda y abrigo Abrazo de amigo Amor para ti
手助けと保護とハグとあなたへの愛と
[Alejandro Sanz] Todos hermanos que el llanto cruel no nos deja hacer la paz
兄弟みな、残酷な涙が手を取り合うことを止めないように
[Julio Iglesias] Todos unidos de corazón y la unión nos salvará
心でみなつながり、つながりは我々を救うだろう。
[Luis Miguel] Un poco de amor Para ti, para mi Para vivir 少しの愛を君のため、僕のため、生きるために。
[Todos] Voy a dar todo para ti 君のために全てを与えよう。
[Jon Secada] Voy a darlo todo すべてを与えよう。
[Todos] Voy a dar todo para ti 君のために全てを与えよう。
[Luis Miguel/Jon Secada] Ayuda y abrigo 手助けと保護と
[Michael Jackson/Gloria Estefan] Abrazo de amigo Amor para ti ハグと君への愛を。
[Michael Jackson] Llámame y yo vendré por ti 呼べば駆けつける。
[Shakira] Háblame, te escucharé 声を掛ければ耳を傾ける。
[Olga Tañon] Por qué caer en la maldad 何故、邪悪に染まる?
[Thalia:] ¿Por qué odiar así 何故このように憎む?
[Luis Miguel] Cuando hay tanto Tanto que dar? こんなに与えるものがあるのに。
[Todos] Voy a dar todo para ti
[Jon Secada] Voy a darlo todo
[Todos] Voy a dar todo para ti
[Mariah Carey] Todo para ti
[Alejandro Sanz] Todo para ti
[Todos] Ayuda y abrigo Abrazo de amigo Amor para ti
Voy a dar todo para ti
[Celine Dion] Todo para ti
[Christian Castro] Todo para ti Voy a dar todo para ti
[Alejandro Sanz] Voy a dar todo para ti
[Todos] Ayuda y abrigo Abrazo de amigo Amor para ti
Voy a dar todo para ti (Voy a darlo todo) Voy a dar todo para ti
Ayuda y abrigo Abrazo de amigo Amor para ti
Voy a dar todo para ti Voy a dar todo para ti
Ayuda y abrigo Abrazo de amigo Amor para ti
Voy a dar todo para ti Voy a dar todo para ti
Ayuda y abrigo Abrazo de amigo Amor para ti

Tuesday, September 18, 2012

多国籍ソング:マイウェイ


日本ではカラオケで歌うのはちょっと憚られる感もあるが、世界的には、実際にカラオケで最も歌われ、プロの歌手にもカバーされている楽曲は、「マイウェイ」なのだそうだ。オリジナルはClaude Françoisが1967年に発表した"Comme d'habitude"(いつものように)である。France Gallとの破局後、それまでの同居生活の倦怠を暴露した内容の歌詞。当初、あまり評判とならなかったようだ。Claude Françoisが自分の会社で始めて手がけた楽曲ということもあり、しつこく露出を心がけていたようで、たまたまパリを訪れていて、その曲を耳にしたPaul Ankaの琴線に触れたのが転機。Paul Ankaは、早速、曲の使用を申し出、無料で曲を使う許可を得たらしい。そしてドラマティックな歌詞を書き、1969年にFrank Sinatraに歌わせて、世界的なヒットに繋がったのである。France Gallとの破局が遅れたらとか、Paul Ankaがその曲を耳にしなければとか、考えると、運命の機微を感じるのでした。

今日は、この曲のフランス語版、スペイン語版、イタリア語版、ポルトガル語版を紹介する。英語版は、僕らの世代では何か教科書臭いので、取り上げません。

Claude Françoisのフランス語版がオリジナルなのですが、正直、Michel SardouMireille Mathieuが歌うほうが好きです。

スペイン語圏では、"A mi manera"(英語に遂語訳すると、"In my manner")というタイトルで歌われています。Gipsy Kingsのカバーが有名ですが、さらにGipsy KingsをカバーしたBelle PerezとかSzabó Eszterとかがいます。前者はベルギーの歌手なのですが名前から分かるとおりスペイン系の血筋なのでしょう、後者はハンガリーの歌手で何故スペイン語なのかは、その辺の事情はよく分かりません。動画は、2006年にハンガリー版歌手デビュー登竜門TV番組のもので、このパフォーマンスで4位だったらしいですが、個人的には彼女のカンテ・フラメンカの発声は好みです。その他にも今年の6月6日に83歳で他界したアルゼンチンのLos Cinco LatinosのボーカルEstela Raval、同じくアルゼンチンの大物歌手María Martha Serra Lima、またまたアルゼンチンのベテランDiego Torresとかがカバーしています。アルゼンチン人は他のスペイン語圏の人からその自尊心の高さを誂われてchiste(冗談)の引き合いに出されるのですが、そんな国民性に合う曲なのかもしれません。もちろんアルゼンチン人以外でも、スペイン語圏では、スペイン、アンダルシア生まれのIsabel PantojaやメキシコのVincente Fernandezなど大物が大勢カバーしています。

イタリア語版は、フランス語版をイタリア語に訳したものを"Come Sempre"というタイトルでClaude François自身が発表しているようですが、パットせず、"A modo mio" というタイトルでディーバPatty Pravoが、"La Mia Strada"というタイトルでBobby Soloが、"La Mia Via"というタイトルでFred Bongustoが、それぞれの歌詞でカバーしています。

ポルトガル語版は、ブラジルの軍事独裁政権が影響したせいか、カバーが遅れています。
Camisa de Vênus(コンドームの意味)というロックバンドがかなりくだけて"My Way" をカバーしたのが1986年、"A Minha Vida"というタイトルでChitãozinho & Xororó という兄弟デュオがカバーしたのが1993年となっています。

リンクの曲を聴いてみて歌詞を知りたいときは、タイトルといっしょに各国語の歌詞に相当する単語、paroles(仏), testo(伊), letras(西), letra(葡)を検索してやると調べられます。

この曲以上に世界中で歌われる曲というのは、ハッピーバースデイとか、きよしこの夜とかぐらいではなかろうか。きよしこの夜に関しては、142か国語の歌詞を集めた"Silent Night Web"というサイトがあります。

多国語の学習には、このような国際的な楽曲の存在は有り難いもので、Paul Ankaの業績を考えると、行火(あんか)を足元に入れるのも躊躇われますね。それにしても、還暦を過ぎたフランス・ギャルさんは、この曲をどのような思いで聴いているのでしょうかね。

英語版は取り上げないつもりでしたが、Paul Ankaがゴルバチョフの80歳の誕生会で歌った動画を貼っておきます。

Monday, September 17, 2012

ロマンスの数

今回は1〜20の基数の比較。ロマンス語ではないフィリピンのピリピノ語、グアムのチャモロ語も並べてみた。往日のスペイン帝国の痕跡が伺える。ざっと見て、各国語のラテン語からの変貌は著しい。各国語の音韻変化の痕跡が数詞に詰まっているのだろう。また、ラテン語では、11から20で1の位と10の位の読む順番が逆順になっているが、現代ロマンス語では、後半で正順になっていることに注意。その境が、イタリア語・フランス語とポルトガル語・スペイン語で異なっている。

ラテン語
ūnus, duo, trēs, quattuor, quīnque, sex, septem, octō, novem, decem, ūndecim, duodēcim, trēdecim, quattuordecim, quīndecim, sēdecim, septendecim, duodēvīgintī, ūndēvīgintī, vīgintī
イタリア語
uno, due, tre, quattro, cinque, sei, sette, otto, nove, dieci, undici, dodici, tredici, quattordici, quindici, sedici, diciassette, diciotto, diciannove, venti
フランス語
un, deux, trois, quatre, cinq, six, sept, huit, neuf, dix, onze, douze, treize, quatorze, quinze, seize, dix-sept, dix-huit, dix-neuf, vingt
ポルトガル語
um, dois, três, quatro, cinco, seis, sete, oito, nove, dez, onze, doze, treze, catorze, quinze, dezesseis, dezessette, dezoito, dezenove, vinte
スペイン語
uno, dos, tres, cuatro, cinco, seis, siete, ocho, nueve, diez, once, doce, trece, catorce, quince, dieciséis, diecisiete, dieciocho, diecinueve, veinte
ピリピノ語
uno, dos, tres, kuwatro, singko, sais, siyete, otso, nuwebe, diyes, onse, dose, trese, katorse, kinse, disisais, disisiyete, disiotso, disinuwebe, beynte
チャモロ語
unu, dos, tres, kuåtro, sinko, sais, siete, ocho, nuebi, dies, onse, dose, trese, katotse, kinse, diesisáis, diesisiete, diesiocho, disinuebi, beinti

ロマンスの現在


紛らわしいタイトルに釣られた方はごめんなさい。ロマンス諸語の規則動詞の直接法現在形をまとめてみただけの投稿です。ざっと眺めて気付くのは、ラテン語に近い(千年近くの間で、ほぼtが脱落するだけの変化というのは驚嘆に値すると思う。)のはスペイン語、ポルトガル語で、その2つの言語には差が少ないということ。言語は本家より距離があると保守的になり易いと読んだことがあるが、イタリア語と比較すると、宜なる哉。

ラテン語
1) amare: amo, amas, amat, amamus, amatis, amant
2) habere: habeo, habes, habet, habemus, habetis, habent
3A) regere: rego, regis, regit, regimus, regitis, regunt
3B) facere: facio, facis, facit, facimus, facitis, faciunt
4) audire: audio, audis, audit, audimus, auditis, audiunt
ポルトガル語
1) comprar: compro, compras, compra, compramos, comprais, compram
2) vender: vendo, vendes, vende, vendemos, vendeis, vendem
3) abrir: abro, abres, abre, abrimos, abris, abrem
スペイン語
1) hablar: hablo, hablas, habla, hablamos, habláis, hablan
2) comer: como, comes, come, comemos, coméis, comen
3) vivir: vivo, vives, vive, vivimos, vivís, viven
フランス語
1) travailler: travaille, travailles, travaille, travaillons, travaillez, travaillent
2) finir: finis, finis, finit, finissons, finissez, finissent
イタリア語
1) comprare: compro, compri, compra, compriamo, comprate, comprano
2) prendere: prendo, prendi, prende, prendiamo, prendete, prendono
3) dormire: dormo, dormi, dorme, dormiamo, dormite, dormono

Thursday, September 13, 2012

NEJM Audio Summary - Sep 13, 2012


Excerpted Script
14:51| "A 30-Year-Old Woman with Shock and Abdominal-Wall Necrosis after Cesarean Section", a case record of the Massachusetts General Hospital by Marc de Moya and colleagues.
Shock, abdominal-wall necrosis, and leukocytosis developed in a 30-year-old woman after a cesarean section and did not respond to antibiotics. The previously well primigravida had undergone cesarean section at 36.4 weeks' gestation after 34 hours of labor, because of suspected chorioamnionitis (abdominal pain and an elevated white-cell count), fetal tachycardia, and a prolonged deceleration on a fetal heart-rate tracing during labor augmented by oxytocin. A male infant was delivered; there was marked acute inflammation of the decidua basalis (a maternal tissue), with neutrophils, eosinophils, abscess formation, and necrosis. Approximately 10 hours post partum, the temperature rose to 38.4°C and the white-cell count was elevated. 37 hours post partum, dyspnea developed. During the next 13 hours, the systolic blood pressure decreased to 70 to 79 mm Hg and remained low. The extremities were cool, with 2+ edema. CT of the abdomen and pelvis revealed an enlarged postpartum uterus with an endometrial cavity that was distended with fluid. Total abdominal hysterectomy, bilateral salpingo-oophorectomy, and abdominal-wall débridement were performed.
This patient had what appeared to be a necrotizing soft-tissue infection after cesarean section. The four tenets of care for necrotizing infections are early detection, aggressive débridement, adequate antibiotic therapy, and physiological support. (239 words / 120 sec = 120 wpm)
Sweet病診断基準(Su、Liuによる)の復習:1,2は大項目で両方満たす必要があり、3~6は小項目で2つを満たす必要がある。

  1. Abrupt onset of painful erythematous plaques or nodules
  2. Histopathologic evidence of a dense neutrophilic infiltrate without evidence of leukocytoclastic vasculitis
  3. Pyrexia >38°C
  4. Association with an underlying hematologic or visceral malignancy, inflammatory disease, or pregnancy, OR preceded by an upper respiratory or gastrointestinal infection or vaccination
  5. Excellent response to treatment with systemic corticosteroids or potassium iodide
  6. Abnormal laboratory values at presentation (three of four): erythrocyte sedimentation rate >20 mm/hr; positive C-reactive protein; >8,000 leukocytes; >70% neutrophils

Wednesday, September 12, 2012

「超」フランス語入門、そして銀巴里の閉店


第4章がまるごと「シャンソンで身につけるフランス語」と題して歌詞の解説に当てられており、それを読むためだけに買っても良い一冊。これを読んで、久しぶりにシャンソンを聴きに《札幌銀巴里》へ伺い、今月29日に閉店とのことを知りました。1967年6月14日に営業を始めたそうで、そんな熱烈なファンでもない私も何か寂しい気持ちになりました。

右の新書で紹介されているシャンソンは下記の10曲です。

  1. ラ・メール(La mer) :1946年Charles Trenetにより作詞・作曲、歌われた曲。
  2. そして今は(Et maintenant):1961年発表されたGilbert Bécaudの代表曲。
  3. 魅惑のワルツ(Fascination):映画「昼下がりの情事」のテーマ曲。Jacqueline Françoisによりよく歌われた。
  4. 愛の歓び(Plaisir d'amour) :18世紀の古典的なシャンソンで、エルヴィス・プレスリーのシングル「好きにならずにいられない」の原曲でもある。結婚式のBGMによく使われるが、原曲の歌詞は「Plaisir d'amour ne dure qu'un moment, Chagrin d'amour dure toute la vie.(愛の喜びは はかなくも消えて、愛の苦しみ 心深く残る)」というもの。
  5. 詩人の魂(L'âme des poètes):1951年Charles Trenetにより作詞・作曲されたが、Juliette Grécoがよく歌っている。
  6. 聞かせてよ愛の言葉を(Parlez-moi d'amour) :Jean Lenoir作詞・作曲、Lucienne Boyerの歌により1930年、ディスク大賞獲得で有名になる。
  7. パリ祭(A Paris dans chaque faubourg):映画「巴里祭」のテーマ曲。
  8. 枯葉(Les Feuilles mortes) :ジャック・プレヴェール ジョゼフ・コズマ イヴ・モンタン 1945年発表。椎名林檎も、アルバム「唄ひ手冥利」でとりあげている。
  9. 愛の讃歌(Hymne à l'amour) :Edith Piafの代表曲。日本でも多くの歌手がカバーしている。」
  10. ミラボー橋(Le Pont Mirabeau):Guillaume ApollinaireがMarie Laurencinとの恋とその終焉を綴った詩にLéo Ferréが曲をつけた。

Monday, September 10, 2012

Il Pulcino Pio(ひよこピヨ )

今年の夏、イタリアのヒットチャートを駆け上った面白い歌。能書きは置いておいて早速聞いて衝撃の結末をご覧頂きたい。


カンツォーネの国に似つかわしくない単調な繰り返しの歌。Radio Globoというラジオ局制作の楽曲なので、宣伝に耳につくことを意図したのであろう。実際、全くのイタリア語の初心者も、一回聴くと、イタリア語でヒヨコは「プウチーノ」ということ、そしてヒヨコは「ピーオ、ピーオ」と鳴くらしいことを了解するであろう。単調な繰り返しのさせる技である。しかし、その単調さに嵌る人間と耐えられない人間がいるのも事実で、この歌を歌っていた15歳少女に殴りかかって制止させるという事件があったとか。詳細はイタリア語版ウィキペディアの記事にある。

歌詞の冒頭を紹介する。
In radio c'è un pulcino, in radio c'è un pulcino...
e il pulcino pio, e il pulcino pio, e il pulcino pio, e il pulcino pio, e il pulcino pio, e il pulcino pio...
ラジオにはひよこがいる、ラジオにはひよこがいる…
で、ヒヨコがピヨ、ヒヨコがピヨ、ヒヨコがピヨ、ヒヨコがピヨ、ヒヨコがピヨ、ヒヨコがピヨ…
そして、延々といろんな動物が登場して、その鳴き声が披露され、際限なく続けるわけにも行かないので、強制終了という構成。悲劇的結末に、"pio"の意味の多義性、つまりヒヨコの鳴き声の他、「信心深い」という別の意味を掛けて、「信ずる者、足を掬われる」という寓意を込めたとすれば、恐るべし。

Saturday, September 8, 2012

NEJM Audio Summary - Sep 6, 2012


Excerpted Script
9:43| "The Eyes Have It", a CLINICAL PROBLEM-SOLVING article by Miten Vasa, from University of California, Irvine.
A 69-year-old man presented to the emergency room 2 hours after he awakened with slurred speech. The patient reported a single episode of sharp, self-limited, periumbilical pain after dinner the previous night, and he had awoken that morning with slurred speech, difficulty chewing, blurry vision in both eyes, generalized weakness, and unsteady gait. He reported drinking one pint of vodka daily, smoking one pack of cigarettes daily for the past 30 years, and smoking “crack” cocaine three times a week, most recently about 24 hours before presentation. On physical examination, the patient appeared in no acute distress. The blood pressure 203/93 mm Hg. Speech was decreased in volume, dysarthric, and almost unintelligible. The dysarthria was most pronounced when he was asked to repeat guttural sounds. There was bilateral rotary nystagmus. Because he reported difficulty chewing, a swallow evaluation was performed later that evening, during which he was unable to transfer soft food from his oropharynx. On the second hospital day, his pupils reacted sluggishly to light and nystagmus was no longer present.
In the early afternoon, before a scheduled MRI and MRA evaluation of the head and neck, the patient was unresponsive, with his eyes closed. He was no longer breathing spontaneously and was intubated. (226 words / 104 sec = 130 wpm)
今週のNEJMは上記ボツリヌス症やIMAGES IN CLINICAL MEDICINEでは鉛中毒のBurton's lineなど、中毒症が目についた。ボツリヌス症に関しては、こちらのスライドに詳しい。