Sunday, June 30, 2013

百万本のバラ、10のトリヴィア


  1. 原曲は、母国の苦難を歌った1981年発表の『マーラが与えた人生』というラトビアの歌だった。
  2. リフレーンの部分は、ラトビア語で「マーラは娘に生を与えたけど幸せはあげ忘れた」 である。マーラというのはラトビア神話の最上位の神の一人で、娘は祖国ラトビアを象徴する。
  3. ラトビアは、その10年後、ソ連から離脱・独立し、ある意味、予言の歌とも言える。
  4. 作曲者は、独立の先頭に立ち、ラトビアの文化大臣にまでなったライモンズ・パウルスである。
  5. その曲にロシアの詩人アンドレイ・ヴォズネセンスキーが、グルジアの薄幸の画家ニコ・ピロスマニのエピソードをもとに作った歌詞をつけ、ソ連ポップの大御所アーラ・プガチョワが歌い、大ヒットした。
  6. 日本で最初に歌ったのは、稚内でロシア料理レストラン「ペチカ」で店長をしていた兵藤ニーナさんである。
  7. 兵藤ニーナさんは、1978年からラジオロシア語講座での「今月の歌」を担当し、1982年レコードデビュー、翌年リリースしたアルバムに日本語とロシア語で歌った「百万本のバラ」を収めている。
  8. コンサートでその曲を聴いた加藤登紀子さんのお父さんが気に入り、彼女も歌うようになり、同曲で、1989年の第40回紅白歌合戦にも出場。
  9. 兵藤ニーナさんのカバーは、ソ連外アーティストでは、フィンランドのKatri Helenaにも先駆け、世界最速であった。
  10. 歌手で稚内のロシア料理店店長、兵頭ニーナさん 体調不良で札幌へ ファン、9日「感謝の夕べ」

Thursday, June 20, 2013

スティーブ・ジョブズ未公開インタビュー(1994)テキスト


“This is a very strange business and a very strange endeavor of life. All of the work I have done in my life will be obsolete by the time I’m 50. The Apple II is obsolete now, the Apple I was obsolete many years ago, and the Macintosh is on the verge of become obsolete within the next few years. This is a field where one does not write a principia which holds up for 200 years. This is not a field where one paints a painting that will be looked at for centuries. This is not a field where one builds a church that will be admired and looked at in astonishment for centuries. No. This is a field where one does one’s work and in 10 years it’s obsolete. And, it will not really be usable within 10 to 20 years. I mean… you can’t go back and use an Apple I because there’s no software for it! In another 10 years, you won’t be able to use an Apple II. You won’t even be able to fire it up and see what is was like. So… it’s sort of like sediment of rocks. I mean… you’re building up a mountain. Wall of Strata You get to contribute your little layer of sedimentary rock to make the mountain that much higher. But… no one on the surface – unless they have x-ray vision – will see your sediment! They’ll be able to stand on it. It will be appreciated by that rare geologist. But no. It’s not like the Renaissance at all. It’s very different. Very different.”

Tuesday, June 18, 2013

無意識の構造

Profondo Rosso by Dario Argento(1975)



Demian by H. Hesse



Alfonsina y mar "Corpo e Alma" by Simone(1982)


Monday, June 3, 2013

La Melodía Del Corazón

最近、寝入り端、夢をみることが多い。現実と矛盾しない内容だと混乱してしまいそうになり、高齢者の精神状態を垣間見た気分になるのである。先日は、場末の観客が僕一人の映画館で、大林宣彦監督の尾道三部作の完結編、富田靖子主演の「さびしんぼう」を観ている夢だった。全編に流れるショパンの「別れの曲」(練習曲作品10-3)が目が覚めても反響していた。このメロディーを使ったタンゴ曲が、タイトル曲。歌詞は次のとおり。
Mil amores tuve yo
y en ninguno yo encontraba
la dulzura que soñé.
Ya que en cambio sólo hallé
la falsía despreciable
que mi alma endureció.
A la vida retorné
cuando tu carita de ángel,
en mi vida se cruzó
y encauzaste mi existencia,
por la senda que jamás
ya dejaré.
Fue que tu amor,
¡dulzura y fe!,
retrajo a mí las ansias de vivir.
¡En paz con Dios!…
Paz que tanto ambicionaba,
sol de afectos que anhelaba,
y que fue canción triunfal de amor,
que en su esplendor,
toma formas de melodía que,
mi corazón canta feliz.
Ese amor que floreció
trajo a mi alma la fragancia
de un romántico vergel.
Con su aroma renació
mi pasión por la belleza
y los encantos del amor.
Melodía pasional
que cual fuego deslumbrante
brotas hoy del corazón,
dile a la novia querida
que es la dueña de mi vida
y mi cantar…