Friday, December 6, 2013

不屈不撓(bùqū-bùnáo)、Invictus、ハードボイルド

訃報が届いた。12月5日夜、ネルソン・マンデラ氏が逝去されたとのこと。映画「インビクタス」で描かれた不撓不屈の闘士は、Linuxディストリビューションの雄、ubuntuの初期のリリースに附属する動画の中で、ubuntu精神について語っていたものだ。Morior invictusを実践し、かつubuntu溢れる人柄、まさにフィリップ・マーロウがいうところの「タフやさ」("If I wasn't hard, I wouldn't be alive. If I couldn't ever be gentle, I wouldn't deserve to be alive.")を体現する人であった。ubuntuをリリースするカノニカル社は、プロプライエタリソフトが支配する市場に対し抗いつつ、ノンギークに優しいデスクトップ環境を提供するということを目指し、彼に肖ったのであろう。

前述の映画で繰り返しマンデラが口ずさむ
I am the master of my fate
I am the captain of my soul.
は、William Ernest Henleyの詩 "Invictus"からの引用で、ハードボイルドな生き方には自制が肝要であることを思い起こさせてくれる。