Saturday, May 31, 2014

Curriculum Musicaeと蹴球世界杯

音楽というものに興味を持ったのは遅かったのかもしれない。はっきりと記憶にあるのは、小学校に入りロックバンド"Kiss"、イギリスのバンド"Bay City Rollers"、テレビの歌謡曲は新御三家(郷ひろみ、西城秀樹、野口五郎)が流行っていて、1975年11月にスペインのフランコ総統が死んだその年のクリスマス、日本では「およげ!たいやきくん」がリリースされた。それが私がお小遣いで買ったはじめてのレコード。その他は、普通にテレビでかかる花の中三トリオ、キャンディーズ、ピンクレディーなどを受身で聴いていた。
色気が付き始めると洋楽を聴くようになった。何故か、小説に関しては、森鴎外や夏目漱石をそっちのけでゲーテやヘッセを始めとするドイツ文学に親しんだものだから、テレビのドイツ語講座でドイツポップを聴いたり、NHK-FMで「世界の音楽ーヨーロッパの旅」を聴いたりしていた。そのうち次第に嗜好がラテンポップスに傾斜して行った。当時は、民主化して日の浅いスペインの御三家として、 Julio Iglesias、Camilo Sesto、Raphaelがよく取り上げられていた。特にJulioは、レアルの一軍登録決定直後の交通事故(1962)とベニドルム音楽祭での歌手としての再起(1968)というドラマチックなエピソードに、スポーツの才にも音楽の才にも見放されていたので嫉妬した記憶がある。それからしばらくたって、日本でもフリオのフィーバーが始まり、郷ひろみが「哀しみの黒い瞳」(1982)、西城秀樹が「33歳」(1988)とカバー曲を発表している。因果は巡り、1999年に恐怖の大魔王に取り憑かれたかのように、新御三家は、郷ひろみがRicky Martinを、西城秀樹がJulioの次男Enrique Iglesiasを、野口五郎がSantanaをカバーするのである。
そして、今年、2014FIFAワールドカップ・ブラジル大会公式アルバムには、多くの著名なラテンシンガーがブラジルのアーティストを差し置いて、顔を出している。Shakiraは前回の大会に続いてだし、アイドルグループ「メヌード」の出自のRicky Martinは、1998年のフランスワールドカップに続く登場。多分、ポルトガル語圏がブラジル1カ国なのに対し、スペイン、合衆国のラティーノ、ブラジル以外の南米と多様なスペイン語圏に配慮したからなのでしょう。部外者からみると、方言とも言えるくらい近い言葉なので目くじら立てる必要もないように思うが、ネットの書き込みでは、1)、4)、8)などはブラジル本国の評判がよろしくないようです。個人的には、2)がお気に入り。
1. ウィー・アー・ワン (オーレ・オーラ) feat. ジェニファー・ロペス & クラウディア・レイチ Pitbull 3:42
2. ダール・ウン・ジェイト (ウィー・ウィル・ファインド・ア・ウェイ) feat. アヴィーチー & アレシャンドレ・ピリス Santana & Wyclef 3:48
3. タトゥ・ボン・ヂ・ボーラ Arlindo Cruz 3:21
4. ヴィダ (Spanglish Version) Ricky Martin 3:25
5. ザ・ワールド・イズ・アワーズ Aloe Blacc X David Correy 2:54
6. レポ・レポ Psirico 3:21
7. ワン・ネイション Sergio Mendes & Carlinhos Brown 3:32
8. ラ・ラ・ラ (Brazil 2014) feat. カルリーニョス・ブラウン Shakira 3:17
9. イッツ・ユア・シング (Studio Rio Version) The Isley Brothers 3:07
10. チコ・チコ Bebel Gilberto and Lang Lang 2:48
11. オーレ (Stadium Anthem Mix) Adelen 3:20
12. ディス・イズ・アワー・タイム (アゴーラ・エ・ノッサ・オーラ) Magic! 3:08
13. ナイト・アンド・デイ (Carnival Mix) Baha Men 3:54
14. ゴー、ゴル feat. プレータ・ジル Rodrigo Alexey 2:58
15. Fighter (Tachytelic World Cup Brazil 2014 Remix) 中島美嘉×加藤ミリヤ 4:51
16. ウィー・アー・ワン (オーレ・オーラ) feat. ジェニファー・ロペス & クラウディア・レイチ (Olodum Mix) Pitbull 3:58
17. タトゥ・ボン・ヂ・ボーラ (DJ Meme Remix) Arlindo Cruz 3:46
そろそろ日本の御三家も、また何がしかのカバーをする巡り合わせかな。

Sunday, May 11, 2014

医療業界株式会社一覧

薬事医療業界ニュース

製薬会社
  • 武田薬品工業 4502
  • アステラス製薬 4503
  • 第一三共 4568
  • 田辺三菱製薬 4508
  • 中外製薬 4519
  • エーザイ 4523
  • 協和発酵キリン 4151
  • 大日本住友製薬 4506
  • 塩野義製薬 4507
  • 小野薬品工業 4528
  • ツムラ 4540
調剤薬局
  • アインファーマシー 9627
  • 日本調剤 3341
  • 総合メディカル 4775
医療機器
  • テルモ 4543
  • オリンパス 7733
  • ニプロ 8086
  • シスメックス 6869
  • 日本光電工業 6849
  • フクダ電子 6960
  • オムロン 6645
  • 島津製作所 7701
  • ジェイ・エム・エス 7702
  • 日機装 6376
臨床検査センター
  • みらかホールディングス 4544
  • ビー・エム・エル 4694
  • 三菱ケミカルホールディングス 4188 
医薬品卸
  • メディパルホールディングス 7459
  • アルフレッサ ホールディングス 2784
  • スズケン 9987
  • 東邦ホールディングス 8129
その他
  • 総合メディカル株式会社 4775
  • ツルハホールディングス 3391