Friday, August 29, 2014

Peppermint OS 5

最近、その存在を知ったLinuxディストリビューション "Peppermint OS 5"
ライブCDの部屋」に日本語化したものが置かれており、空いたPCにインストールしてみた。

印象として、GoogleフレイバーのLubuntu、Chrome OSの対抗といったところでしょうか。ブラウザはChromium、オフィスはGoogleのサービスをSite Specific Browser (SSB) で、デスクトップ化している。日本語入力は、Fctix + mozc、
Dropboxがデフォルトでインストールされているというのは嬉しい。
アプリケーションのインストールは、mintInstallで、スマホのアプリストアの感覚で4万を超える無料のアプリが追加可能。ICEというアプリケーションを使うと簡単にWebアプリをデスクトップ化できる。下は、最近、お気に入りのWebサービス "Gingko"をSSBで起動しているところ。"Frame" というサービスを利用して、MBAのフレームにスクリーンショットをはめこんでみました。