Thursday, April 30, 2015

パリ、病院医学の誕生

1965年8月9日、JAMAの表紙を飾った絵はJohns Hopkins Hospitalを開設した医師らを描いた"The Four Doctors"であった。彼らもまたヨーロッパに医学を学んだが、その時期は、日本人が西洋医学を学ぶために留学し始めた時期と重なる。革命後勃興した病院医学から顕微鏡を駆使したドイツ流実験室医学への転換期でもあった。

Oliver Wendell Holmes, Sr. (1809 – 1894)1833〜1836年フランス留学
二月革命(1848年)
南北戦争(American Civil War, 1861年 - 1865年)
高松凌雲のフランス留学が1867年
明治維新(1868年)〜西南戦争(1877年)
ドイツ帝国成立(1871年)
William Henry Welch(1850-1934) 1876, 1877年ドイツ留学
William Stewart Halsted(1852-1922) 1880年までドイツ中心に欧州留学
高木兼寛の英国留学が1875年から1880年
Sir William Osler 1872から1874年まで欧州(英、独、墺)留学
森鴎外のドイツ留学が1884年から1888年
北里柴三郎留学1885年〜1892年

移動時間:1時間6分、体重71.15kg

Wednesday, April 29, 2015

ネルーダ事件

日本ではネルーダと言ってもピンとくる方は少ないかもしれない。映画「イル・ポスティーノ」を観たか、左翼系の思想の持ち主か、スペイン語文学に造詣が深いか、クイズ問題に詳しいか、いづれにせよ、日本人の一般常識の範疇外であろう。チリの国民的詩人で、詳しくは、松岡正剛の千夜千冊「ネルーダ回想録」あたりが参考になる。その詩人をモチーフにした推理小説が本作品。原文なら無料で読める。表紙になった部分のテキストを引用すると下記の通り。
Allí estaba la puerta de tablas con nudos resecos, pero nadie le abría. Acarició esta vez la vieja aldaba de bronce, introdujo después sus manos en los bolsillos de la chaqueta de chiporro y se dijo que ahora solo le restaba esperar. Expulsó vaharadas de aliento blanco contra la mañana nublada del invierno porteño y pensó, divertido, que era como si fumara, como si fumara en una ciudad donde ya no había fósforos ni cigarrillos.
移動時間:1時間30分、体重:71.30kg

Tuesday, April 28, 2015

決定版 日本人の論語

欧米人の聖書に相当する日本人のバックボーンとなると、やはり、論語と般若心経あたりか。儒教と仏教のハイブリッドで、どうしても魂は、無常と王道を揺らぐことになる。絶対神を仮定しないからプリンシプル不在にも思えるが、しなやかさ、たおやかさを纏うことができる。論語→渋沢栄一→ドラッカーや論語→イエズス会→モラリスト→フランス革命の系譜がそれを物語っている。

「論語」を外国語で読むには、このあたりが参考になる。

移動時間:1時間42分、体重:70.65kg

Monday, April 27, 2015

言葉をおぼえるしくみ

こどもが言葉を覚える過程を名詞に限らず認知心理学的な知見をまとめた本。外国語学習のヒントも得られる。
いろいろと参考になることがあったが、Isochronyの概念とそれにまつわる実験が面白かった。

移動時間:1時間8分、体重不明

Sunday, April 26, 2015

ユマニチュード入門

今日は、本田美和子先生の講演を生で聴けました。始めればそれなりに有用だが、極めるのは困難。芸道と同じとのことに納得。Yve Ginesteさんが著作で安易にスキルを並べず、哲学を強調するのも宜なるかな。「名人伝」にあるように、humanitudeが、語られなくなることが理想なのかもしれません。

移動時間3時間4分、体重測定なし

Saturday, April 25, 2015

論語

新渡戸稲造の「武士道」第五章 仁・惻隠の心は、遡れば、論語に至る。伊藤仁斎は「童子問」で論語で分からないときは、孟子にあたり解釈するよう教えている。なので、「孟子」公孫丑章句上篇からの引用。
惻隠之心
孟子曰、人皆有不忍人之心、先王有不忍人之心、斯有不忍人之政矣、以不忍人之心 行不忍人之政、治天下 可運之掌上、所以謂人皆有不忍之心者、  今人乍見孺子将入於井、皆有怵惕惻隠之心、非所以内交於孺子之父母也、非所以要誉於郷党朋友也、非悪其声而然也、由是観之、無惻隠之心、非人也、無羞悪之心、非人也、無辞譲之心、非人也、無是非之心、非人也、  惻隠之心、仁之端也、羞悪之心、義之端也、辞譲之心、礼之端也、是非之心、智之端也、人之有是四端也、猶其有四體也、有是四端而自謂不能者、自賊者也、謂其君不能者、賊其君者也、凡有四端於我者、知皆擴而充之矣、若火之始然、泉之始逹、苟能充之、足以保四海、苟不充之、不足事父母。 
惻隠、羞悪または廉恥、辞譲、是非の誰もが持つ4つの感情を仁・義・礼・智の源とした。

移動時間47分、体重測定なし。

Friday, April 24, 2015

「聴く」ことの力

副題は、「臨床哲学試論」先日、講演を聴いた「がん哲学外来」とかぶるが、先の講演は病理の医師によるもの、この本は鷲田清一先生、哲学の専門家によるものである。哲学者はソクラテスの時代から産婆術に長けている。しかし、この本は、対話ではなく、聴くことにのみ焦点を当てている。そして知的生産物を期待せず、逆に、従来の知的既得物を揺るがすものである。文化人類学的な手法とも言えよう。正直、哲学的議論は馴染みが薄いので、自分の知識に引き寄せれば、"Liste der Homo-Epitheta"にあるようにHomo Sapiensは、様々な形容をされる。Homo cogitans, Homo agens, Homo patiens...それこそが、humanitudeで、「あなたが何を忘れようとも、私を人として覚えていてくれる限り、あなたに人として接しましょう」ということを、バーバルであれ、ノン・バーバルであれ、示し続けることが肝腎ってことでしょう。Marie Laurencinも「鎮静剤」の中でうたってますね、"Plus que morte oubliee"(死んだ女より もっと哀れなのは 忘れられた女です。)と。ケアの対象が人間であることを忘れない感性こそが、どんなスキルにも勝るのです。

移動時間1時間43分、盛岡にて体重不明。

Thursday, April 23, 2015

1688年―バロックの世界史像

今日は、サンジョルディの日。セルバンテス、シェークスピアは、約400年前の今日亡くなった。400年前といえば、17世紀、17世紀の危機とか、17世紀の科学革命とか、オランダの世紀などと形容される世紀である。そのうちの1年「1688年の世界」を描いた本。日本は元禄元年で、綱吉の治世の日本には井原西鶴と松尾芭蕉が活躍しており、世界に目を向けると、ルイ14世、ピョートル大帝、康煕帝、アウラングゼーブ帝、ニュートン、ロック、ライプニッツ……。
他の年でも、1648年に終結した30年戦争、80年戦争、1666年の "annus mirabilis"、1683年第二次ウィーン包囲戦と、まさにクリティカルな世紀。

今日の移動時間2時間6分、体重70.70kg

Wednesday, April 22, 2015

武士道

著者の新渡戸稲造(1862年 - 1933年)に至る系譜を遡ってみた。新渡戸はクラークの直接の指導を受けてはいないが、彼が残した「イエスを信ずるものの誓約」に署名し、函館に駐在していたメソジスト系の宣教師メリマン・ハリスから洗礼を受けた。
  1. William Smith Clark(1826年 - 1886年):アマースト大学で教えていた時期、学生の中に同大学初の日本人留学生がいたが、それが新島襄で、日本へ赴くきっかけとなる。
  2. 新島襄(1843年 - 1890年):武田斐三郎の教えを受ける為、箱館に向かったが、彼は東京へ行っており、それが彼をアメリカへ向かわせることとなった。
  3. 武田斐三郎(1827年 - 1880年):留学もせずに、多岐にわたる洋学の分野に精通した。緒方洪庵、佐久間象山から洋学を学んでいる。
  4. 緒方洪庵(1810年 - 1863年):中天游の私塾「思々斎塾」にて4年間、蘭学、特に医学を学ぶ。後に蘭学塾「適々斎塾(適塾)」を開き、日本の近代医学の祖といわれる。
  5. 中天游(1783年 - 1835年):大槻玄沢の私塾・芝蘭堂に入門、のちに京都に移り住んだ芝蘭堂四天王の一人、稲村三伯を追って師事し蘭学や蘭方医学を学んだ。
  6. 大槻玄沢(1757年 - 1827年):杉田玄白・前野良沢から蘭学・医学を学び、2人の号から各々一字を受けて玄沢と称した。後に私邸を「芝蘭堂」と称して開塾。芝蘭堂四天王は、稲村三伯、小石元瑞、長谷川宗仙、中天游をいう。
  7. 前野良沢(1723年 - 1803年):淀藩の医者宮田全沢に養われる。全沢は『医学知津』という医書を描くほど博学だったが、奇人で「世の中には捨ててしまうと絶えてしまうものがある。流行りものはどうでもいいから、廃れてしまいそうなものを習い覚えて、後の世に残すよう心がけよ」と教え、吉益東洞の古医方を学ぶ。その後青木昆陽に師事。
  8. 青木昆陽(1698年 - 1769年):伊藤東涯に私淑して儒学を学ぶ。
  9. 伊藤東涯(1670年 - 1736年):伊藤仁斎の長男で、古義堂二代目。
  10. 伊藤仁斎(1627年 - 1705年):仁斎の学問手法は、当時支配的だった朱子学的経典解釈を廃し、直接テクストを検討するというものである。
今日の移動時間:5時間19分、体重69.7kg

Tuesday, April 21, 2015

大人のいない国

日本人が幼児化を始めた転機は、いつだったのだろうか。この問いを巡る1949年京都市生まれの鷲田清一先生と1950年東京生まれの内田樹先生の対談。その答えは、同書五頁にある。「働くこと、調理をすること、修繕をすること、そのための道具を磨いておくこと、育てること、教えること、話し合い取り決めること、看病すること、介護すること、看取ること、これら生きていくうえで一つたりとも欠かせぬことの大半を、ひとびとはいま社会の公共的なサービスに委託している。 社会システムからサービスを買う、あるは受けるのである。 これは福祉の充実と世間ではいわれるが、裏を返していえば、各人がこうした自活能力を一つ一つ失ってゆく過程でもある。 人が幼稚でいられるのも、そうしたシステムに身をあずけているからだ。」
もう一つ、恥ずかしながら、「輿論」はヨロンと読み、意味はパブリックオピニオン、理性的対話による合意のことで、「世論」はセロンと読み、ポピュラーセンチメンツ、情緒的な共感を意味したのだということを、初めて知った。
お二人とも、フランス現代哲学を専門になされていて、メルロポンティにご縁があるようです。その著作「知覚の現象学」では、末尾にサンテックスの「戦う操縦士」から次の言葉が引用されている。
L'homme n'est qu'un noeud de relations. Les relations comptent seules pour l'homme. Pilote de guerre, Antoine de Saint-Exupéry(人間はさまざまな絆の結節点にすぎない。絆だけが人間にとって物を言う。)
同じようなことをスペイン98年世代の哲学者も言っている。
Yo soy yo y mi circunstancia, y si no la salvo a ella no me salvo yo. - J. Ortega y Gasset "Meditaciones del Quijote” (私は、私と私の環境である。 そしてもしこの環境を救わないなら、私をも救えない。)
要するに、人間にとって大切なのは、間だということ。日本語では、絆、柵(しがらみ)、縁、関係…いろいろに呼ばれるが。

今日の移動時間:2時間20分、体重71.45kg

Matt × Josh = 40 min/day



この間の長期休暇をどう有意義に過ごすか、上記のTED講演に触発されて考えてみた。バランス良く体を使うことを目標とする。

Romance languages(口を動かす)
スペイン語
  • ラジオ講座(7:15-7:30)
  • ステップ30 1か月速習スペイン語
  • バルのスペイン語
  • El Principito
フランス語
  • ラジオ講座(7:30-7:45)
  • ステップ30 1か月速習フランス語
  • カフェでフランス語
  • Le Petit Prince
イタリア語
  • ラジオ講座(7:45-8:00)
  • ステップ30 1か月速習イタリア語
  • バールのイタリア語
  • Il Piccolo Principe
参考
  • フランス語・イタリア語・スペイン語が【同時に】学べる本
  • フランス語・イタリア語・スペイン語が【同時に】学べる単語集
  • 国境を越えて愛されたうた
  • ラテン音楽名曲名演ベスト111
R language(手を動かす)
  • キーボードを3時間でマスターする本
  • 楽しいR R統計分析入門
  • Github + Atom
Running(脚を動かす)
  • 歩行あるいはランニング時間を1日1時間以上
  • 腹筋15回×3セット
  • 時間と体重測定(データ作成)、ブログ公開
Reading(目を動かす)
  • 断捨離のために積んでいる本の読破
  • 本のリスト作成:歴史物、医師の著作、医学の新書
プロダクト10
  1. 減量 -5kg
  2. ブログ更新:百式を参考に、読んだ本のアフィにロマンス語を絡めて記事作成と運動記録。
  3. 年号本のリストの作成
  4. Physician writerのリストの作成
  5. 医学に関する新書リストの作成
  6. 仏伊西語の歌のリスト作成
  7. 体重記録の作成(データ生成)
  8. Clinical Problem-Solvingの症例一覧作成(データ生成)
  9. 「小学生で習う漢字」にイタリア語、フランス語追加
  10. Geriatrie Portableの概要

Monday, April 6, 2015

ロマンス語講座【3】私は日本人です。

Eu sou japonês / japonese.
Yo soy japonés / japonesa.
Je suis japonais / japonaise.
Io sono gipponese.