Thursday, May 28, 2015

身体感覚で「論語」を読みなおす

千夜千冊」の松岡正剛さんがお勧めの一冊。著者は能の人なので、「身体感覚」を強調しているが、実のところ、白川静の漢字学を援用して論語を読み解いた本。一例を挙げると、不惑とは、自分の可能性を限定しないことなのだそうだ。教科書の「論語」とは異なった世界が広がること請け合いです。

移動時間:1時間52分