Friday, July 31, 2015

AWSでRStudio


AMIを使うと、お手軽に環境ができる。データの入力は、Dropboxと連携させて行う。株価を取得するのには、Yahoo Financeが便利だが、Yahoo側の書式変更で、頻繁に使えなくなってしまう。その解決策は、こちら。しかし、データをxts形式に変換してやる必要がある。

Thursday, July 9, 2015

クリップボードからRにデータを取り込む。

前回の投稿のスライドを、とあるページのテキストをコピーして実行してみた。
> data <-scan -o="" br="" pipe="" what="character" xclip="">Read 2882 items
> data_list <- br="" data="" strsplit="">> data_unlist <- br="" data_list="" unlist="">> sort_data <- br="" data_unlist="" sort="">> uniq_data <- br="" sort_data="" unique="">> length(data_unlist)
[1] 2882
> data_all <- br="" data_unlist="" table="">> data_type <- br="" length="" uniq_data="">> data_type
[1] 1091
> write.table(data_all, file="freq.txt", sep="\t")
 警告メッセージ:
1:  使われていないコネクション 6 (xclip -o) を閉じます
2:  使われていないコネクション 5 (xclip -o) を閉じます
3:  使われていないコネクション 4 (xclip -o) を閉じます
4:  使われていないコネクション 3 (xclip -o) を閉じます
> length(grep("^A,?", data_unlist, fixed=FALSE, value=TRUE))
[1] 27
> length(grep("^The,?", data_unlist, fixed=FALSE, value=TRUE))
[1] 41
> freq <- 41="" br="" c="">> barplot(freq, names=c("A", "The"))
一行目は、MacやWinでは、下のようになることに注意。
data <-scan ac="" br="" pbpaste="" pipe="" what="character">data <-scan blockquote="" clipboard="" in="" what="character">

Tuesday, July 7, 2015

R for English

結局、三ヶ月の休み、旅行で困らない程度のフランス語、イタリア語を覚えた程度で終わってしまい、ダイエットにも失敗。 そして、新たな職場での仕事も始まってしまった。

まずは、職場に慣れ、居場所を確立する必要があるが、自主的「20%」ルールの枠でフォーカスしたいのは、「英語でRを学び、Rで英語を学ぶ」方法である。具体的には、とりあえず下記を目標とする。


それにしてもあまり進歩のない学習を繰り返している気もするが、JuliaやNYSOLなど他のツールは上記達成まで、お預けとする。



Wednesday, July 1, 2015

Matt × Josh = 40 min/day、その後

欧州旅行でそれなりに、仏語、イタリア語でコミュニケーションをとれたのが成果と言えば成果かな。
今後は、仕事も始まるし、日常業務と英語の速読、NYSOL、JULIA、Rを使用したQIなどが今後の目標になるかな。
Raspberry Piを買って、Rをインストールしたが、RStudioサーバー版はインストールに失敗。Julia、NYSOLはどうかな?とりあえず、MBAとssh接続しなきゃ。